スポーツ

新日本プロレスVS全日本プロレス<仁義なき50年闘争史>「停戦成立! 新日本の申し入れを馬場が快諾」

 1982年早々に、新日本プロレスvs全日本プロレスの仁義なき引き抜き戦争は決着がついた。2月4日の東京体育館におけるジャイアント馬場vsスタン・ハンセンが1月28日の同会場でのアントニオ猪木vsアブドーラ・ザ・ブッチャーに試合内容、観客動員で勝利したのである。

 しかし、勝負はそれ以前に終わっていた。年が明けてすぐに、新日本の引き抜き仕掛け人の新間寿取締役営業本部長がプロレス専門誌ゴングの編集顧問・竹内宏介を通して、馬場に停戦の申し入れをしていたのだ。

 新間はかつて猪木が23歳で旗揚げした東京プロレスの営業本部長でもあり、竹内とはその当時から仲がよかった。猪木とストロング小林の超大物日本人対決、猪木とウイリエム・ルスカの格闘技世界一決定戦などを仕掛けた時にも竹内からアイデアをもらっていた。

 また竹内は馬場とも懇意にしていた。ミル・マスカラスのブームの仕掛け人でもあり、様々なアイデアを馬場にも提供していた。

 新日本と全日本が冷戦状態にあって、両団体のトップと親密な関係を築いていた竹内は、ある意味で日本プロレス界の黒幕的存在だったと言ってもいい。

「ブッチャーを引き抜いたのはいいけど、シン、ハンセンを相次いで引き抜かれて‥‥竹内さんは馬場さんの戦術を“防御は最大の攻撃なり”って表現していたけど、馬場さんは常に戦闘的な猪木と違って、攻め込んだ新日本を包み込むように攻めてくるっていうことを実感させられたね。あの引き抜き戦争は、新日本の痛手が大きかったし、結局は外国人のギャラが高騰するだけだったから、停戦を申し入れるつもりで竹内さんに仲介してもらった」と新間は言う。

 竹内が馬場に新間の意向を伝えたのは、ハンセンの全日本マット来日第1戦が行われた1月15日の木更津市倉形スポーツ会館。馬場は「いいよ。この喧嘩は、別にこっちから仕掛けたわけでもないしな」と快諾した。

 実は前年10月にも、新日本と全日本を和解させようという動きはあった。同月11日と12日にネバダ州ラスベガスで行われたNWA総会に馬場と新間が出席した際に、両団体の関係悪化を危惧したNWAの書記でもあるジョージア州の大物プロモーター、ジム・バーネットが、本会議終了後に「私が仲介するから、別室でミスター・ババとミスター・シンマの2人で話し合いをしたらどうか?」と提案。

 新間はOKして新日本の外国人招聘窓口のWWWF(現WWE)総帥ビンス・マクマホンと待機していたが、馬場は「東京にいるテリー・ファンク(全日本の外国人招聘窓口)に連絡を入れた上で」と、答えを保留。結局、テリーの「その必要はない」の一言で会談は実現しなかった。

 だが、実際には2カ月後にハンセン引き抜きが決まっていたため「ここで話し合いの場を持ったら、ハンセン引き抜きが御破算になる可能性もある。ハンセン引き抜きに成功した上でなら話し合いもできるが、この戦争で新日本に致命的なダメージを与える前に手打ちはできない」という馬場の判断だった。

 それから3カ月。ハンセンを獲得したことで勝利を確信した馬場は、新日本の停戦申し入れを快諾した。

 馬場と猪木のトップ会談は2月7日、午後6時半からホテルニューオータニで極秘裏に行われた。

 まず馬場と猪木が10分の時間差で用意していた部屋に入り、その40分後に竹内と新間が入室した。まずは馬場と猪木の2人だけで話し合いをさせようという配慮だった。

「人の目があると見せなくていい強がりを見せたり、言葉や態度が変わったりするだろうから、あえて先に2人だけにしたんだよ。馬場さんのほうが年長だから、猪木はまず頭を下げなきゃいけないわけだしね。しばらくして竹内さんと部屋に行ったら、2人ともニコニコしていて突っ張り合っている感じはなかったし、きっと昔の2人はこんな感じだったんだろうなという雰囲気でしたよ。猪木が“まあ、こいつ(新間氏)も言いすぎるところがありますけど、わかってやってください”って言ったら、馬場さんが“俺もな、あんまり言われると頭にくるよ”って(苦笑)」(新間)

 話し合いは和やかに進み、外国人引き抜き防止協定のガイドラインを策定。この日をもって引き抜き戦争は終戦となった。

 馬場がこの会談を承諾したのは、外国人選手のギャラ高騰にストップをかけるのはもちろんだが、前年暮れに全日本の新社長に就任して馬場に引退勧告とも取れる発言をした松根光雄に対する「裏では猪木とつながっている」という牽制もあったかもしれない。

 また、猪木は馬場にアントン・ハイセルへの投資、さらには「新しい会社を作って、2人でプロレスとは違う事業をやっていきましょう」と提案したが、馬場は「そういうものには金を出さないよ」と固辞した。BI各々に思惑があっての停戦交渉だったのだ。

小佐野景浩(おさの・かげひろ)元「週刊ゴング編集長」として数多くの団体・選手を取材・執筆。テレビなどコメンテーターとしても活躍。著書に「プロレス秘史」(徳間書店)がある。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
「ソフトバンクを猛追」を妨害するロッテの爆弾「投打のブチ壊し男2人」困った舞台裏
4
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
5
山川穂高「ブーイング攻撃」に参った…沖縄で泡盛飲んで気分転換しても「ドン底大不振」から抜け出せない!