社会

沖縄返還「秘密協定事件」西山太吉氏が死去…運命をもてあそばれた情報元女性の夫「怒りの肉声」

 2月24日、元毎日新聞記者だった西山太吉氏が91歳で死去した。12年にTBSテレビで放送した山崎豊子原作の「運命の人」の主人公のモデルとされる。

 72年の衆院予算委員会で、沖縄返還秘密協定について横路孝弘衆院議員が質問したことを発端に、その資料がどこから漏れたのかを東京地検特捜部が捜査し、毎日新聞の政治部記者だった西山氏が逮捕された。いわゆる「西山事件」と呼ばれ、大騒動となった。

 西山氏は71年に外務省の女性事務官だった既婚女性Hさんに近づき、泥酔させて、いわば強引に肉体関係を結び、外交資料を流すようにそそのかした。それが日米が交渉していた沖縄返還秘密協定で、日本が秘密裡にアメリカの復元補償費を肩代わりする、という密約である。

 西山氏は毎日新聞にそれを掲載することなく社会党の議員に流し、国会で質問された。入手した極秘電報のコピーにはハンコが押された決済欄もあり、どの部署で抜かれたものなのかを調べれば安易に分かる、稚拙なものだった。この欄を黒塗りするなどの細工はされていなかった。

 当然のことながら、ニュースソースであるHさんのことはすぐにバレてしまい、Hさんも逮捕されてしまった。記者にとってニュースソースを秘匿するのは当然のことであり、最も守らなければならない鉄則である。それを守れず、しかもHさんと強引に肉体関係を結んだことによる取材方法への世間の批判は強く、毎日新聞の不買運動も起きた。

 13年11月、特定秘密保護法案の審議では、西山氏が国会に呼ばれて反対意見を述べたが、ニュースソースを守れない者が言う資格はない、との批判もあった。

 逮捕されたHさんはその後、支援者だった弁護士事務所で働いていたが、そこで出会った6歳年下の男性と再婚し、一緒に暮らすようになった。13年当時、Hさん夫婦が暮らす埼玉県内の自宅に数回行き、ご主人から話を聞くことができた。

 逮捕時の面影がないほど太ったHさんは10年に脳梗塞を患い、ベッドに横たわっている。時々「う~ん、う~ん」と奇声をあげるだけだった。夫が言う。

「彼女の運命をもてあそんだのは西山です。ニュースソースを守れなかったのですから、罪は大きいと思っています。Hはあの事件で逮捕され、家族や親族、そして友人たちから絶交されて孤立無援になりました。それがどれだけ辛かったか…。テレビで山崎豊子の『運命の人』をやっていましたが、山崎がウチに取材に来たこともないし、連絡すらありません。西山がモデルになった者がヒーローになっている小説ですし、山崎が毎日新聞の出身だからあんな小説を作ったのだと思っていますが、私は怒っています」

 10軒ほどの一戸建てが並ぶ路地の奥にあるHさん宅。世間を騒がせたHさんがそこに暮らしていることを、近所の人たちは誰も知らなかった。何度も引っ越しを繰り返し、ここに辿り着いた。夫は自らガンを患い、体調が悪いと言いながらも、近所のスーパーで食材を買いに行っていた。

 後日、北九州で暮らしている西山氏に、特定秘密法案について電話取材をした。反対の理由を能弁に語っていた西山氏に、

「Hさんに対してどう思っていますか」

 と聞くと、

「いいよ」

 そう言って電話は切られた。あの「いいよ」とはどんな意味なのか。Hさんへの贖罪の気持ちはなさそうな雰囲気だった。

 ちなみに事件後、Hさんは西山氏とは一度も会っておらず、西山氏からの連絡もなかったという。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」