スポーツ

WBC侍キャンプ「密着裏中継」120時間(2)佐々木朗希「VIP待遇剥奪」でローテ落ち危機

 選手個々の動きを観察してみると、複数の“仲よしバディ”を確認できた。中でもベッタリなのは、オリックスの山本由伸(24)と中日の高橋宏斗(20)である。スポーツ紙デスクが解説する。

「高橋にとって山本は師匠のような存在です。昨年の12月から約2カ月にわたって、山本の拠点がある大阪で自主トレを一緒に行いました。練習はもちろん寝食含めて“由伸流”を叩き込まれた結果、クイックのような投球フォームまで酷似するようになった。ただし中日の春季キャンプで立浪和義監督(53)からは苦言を呈されることになり、フォームを元に戻すことになったんです」

 ところが強化合宿中の高橋のブルペン投球を見てみると、タメの少ないフォームで投げる場面が目につく。もしや竜の指揮官が不在なのをいいことに、フォームをさらに戻したのではないか。ブルペンから球場に移動する本人に確かめてみたところ、

「春季キャンプの初めの頃のフォームに戻したわけではありません。自分に合うものを試行錯誤しながら、完成に近づけている段階です。自主トレ中から由伸さんと一緒にやっていて、互いに議論を重ねながらやっていますが、フォームをマネている意識はまったくありません。常々、トレーニングに関する意識を学ばせてもらっていて、目からウロコな話ばかりでためになります」

 と、まるっきり心酔した様子でニッコリ。侍最年少右腕は師匠の力を糧に成長を続けているようだが、3月3、4日に強化試合を戦う立浪監督は気が気ではないだろう。

 続いては同学年コンビのロッテ・佐々木朗希(21)とオリックス・宮城大弥(21)ペア。23日には、ブルペンのシャッターを閉めて“秘密の特訓”に励む場面も見られた。

「代表質問で尋ねられた佐々木は『ただ、宮城と遊び感覚で練習していただけ』と言葉少なげ。もともと多くを語るタイプではありませんが、慣れない代表合宿の環境に疲弊しているのは見るからに明らかです。ロッテでは完全なるVIP扱いで、登板日やローテの順番も自由に意見できる環境下にいる。昨年、井口資仁前監督(48)が電撃退任を発表した理由の1つは、佐々木の起用を巡るストレスだったといいます。特別扱いされない代表でペースを乱されているようですね」(球界関係者)

 19日の代表初ブルペンでは、ダルビッシュらチームメイトや視察に訪れていたドジャースのアンドリュー・フリードマン編成本部長を前に乱調。ストレートとフォークが大きく外れる場面も目立った。

「23日の2度目のブルペン投球では、幾分かストレートの状態が改善されたようですが、まだボールによって形状の異なるWBC公式球にアジャストできずにいる。昨秋のオーストラリアとの強化試合でも制球難に苦しんでいました。最悪、先発ローテから外さざるをえないでしょう」(球界関係者)

 25日の壮行試合ではソフトバンクを相手に160キロ超の剛球を連発したが、本戦でも「快腕」を見せてほしい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」