芸能

WBC侍キャンプ スポーツ美女アナ「グランド奮闘記」(2)ABC・ヒロド歩美の“ドヤ顔”英会話でメジャー激怒

 こちらはいささか覇気のないご様子。TBSの近藤夏子アナ(26)は待機時間中、壁にもたれかかって遠くを眺める場面がしばしば。あくせく動く安藤アナや松崎アナとは対照的な仕事ぶりだった。制作会社関係者が嘆き節を漏らす。

「近藤アナはあまり野球に興味がないんです。そのため、誰かにお膳立てされたインタビューや囲み取材の代表質問はそつなくこなしますが、みずから取材先を提案したり、ネタを仕入れるような動きはほとんどしません。今回のWBCは民放の系列局ごとに取材パスが発行され、JNN系列に割り当てられた大部分はキー局のTBSが独占していた。それだけに、近藤アナの枠を地元の系列局に譲ったほうが成果はあったはずなんですが‥‥」

 さて、白いロングコートがエレガントに決まっていたのは、ABC(朝日放送テレビ)のヒロド歩美アナ(31)だ。すでに、今春に退社してフリーになることを発表している。関西メディア関係者が内幕を明かす。

「17年にテレ朝、ABC、メ~テレの3社合同で制作している『サンデーLIVE!!』のサブキャスターに抜擢されました。東京五輪を見越して20年に一時的に東京オフィスに籍を移すなど、局の人気アナとして期待を背負ってきましたが、ここ1~2年は局内の評価が二分していた。というのも、ライフワークの高校野球の取材やバラエティーのMCに熱を入れる反面、ストレートニュースの原稿読みのような地味な業務を敬遠するきらいがあったからです。管理職との衝突が絶えなかったらしい」

 とはいえ、強化合宿の取材は真剣そのもの。ダルビッシュが今キャンプ初となるブルペン投球を行うと、カメラマンの控えるマウンド寄りの最前位置に移動して立ち見。計35球の熱投を見届けて球場を後にしたのだが、

「実は、ダルが投げる直前にひと悶着ありました。この日のブルペンには、選手の視察に訪れたドジャースの編成関係者が4人いたのですが、個別の取材はNGとされていました。ところが、留学経験があって英語を話せるヒロドアナは、雑談がてらコミュニケーションを交わしてしまった。案の定、お付きの通訳に『取材は代表取材のみです!』と厳重注意を受けてしまいました。さすがに少しバツが悪そうな様子でしたね」(民放局ディレクター)

 突撃精神は実にアッパレ。スポーツ美女アナの奮戦記は始まったばかりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道