エンタメ

水森太陽の読めばガッポリ“ウハウハ”占い「キャッシュレスの日にスマホで開運」

 3月10日はキャッシュレスの日。最近は財布を持たない人が増えたようですが、キャッシュレス派の人は、スマホを「開運財布」のようにバージョンアップしてはいかがだろうか?

 今年は水と木の五行が強いことから、黄色、オレンジ、ベージュ、茶色がラッキーカラー。スマホケースの買い替えの時はぜひご一考を。スマホの待ち受け画面には、「太陽」「羊」をイメージした壁紙を選ぶことで、金運がアップするかも。

 また、3月12日は財布の日。先ほどあげた4色を参考に、温かい色合いで、お札を折り曲げない長財布をチョイスしてもいいでしょう。

 さて、テレビ業界を見渡せば、三田友梨佳アナ(フジテレビ)、森香澄アナ(テレビ東京)、ヒロド歩美アナ(ABC)といった有名アナの退社が報じられました。

 3月からは冥王星が水瓶座に移動することで、凝り固まった既成概念がどんどん破壊されていくイメージです。

 来年は冥王星の勢いがさらに増し、東洋の占いでも「九紫火星」の20年が始まるので、幕末のような変革の大波にさらわれないよう、常に柔軟な発想を持ち続けることが大切です。

<2023年3月6日~3月12日>

牡羊座:仕事面ではパッとしなかったり、消化試合のようなダラけた雰囲気に陥りそう。そんな時こそ他人が嫌がることを率先してこなせば、意外な人物から高評価が得られるかも。開運アクションは居酒屋での会食。

牡牛座:安定感に恵まれ、仕事やビジネスではいい人脈ができる時期。積極的にいろんな人と会いましょう。家庭運はいたって平穏。恋愛もやや現状維持の気配。勝負事はラッキーナンバーの「6」を意識。

双子座:仕事も異性交遊も好調。ただし、取引先との会食が決まった後に意中の女性から食事の誘いが来るなど、スケジュールに悩まされることも。早め早めに仕事を終わらせる意識を。ラッキーカラーは藍色。

蟹座:楽しい週になりそう。趣味に打ち込んだり、友達と遊ぶことでリフレッシュすれば、仕事の効率がアップするでしょう。ちょっとした飲み友達と恋愛に発展しそうな暗示アリ。ラッキーアイテムは高級なボールペン。

獅子座:何かと幸運に恵まれる週。その分、いつもより仕事にプレッシャーを感じたり、どこか心に憂いが生じるかもしれません。積極的な行動が吉。上司や取引先から会食に誘われたら即座に動くべし。ラッキーフードは白米。

乙女座:3月7日は乙女座の満月。反対側の魚座に土星が入ってくるので、心境に様々な変化が訪れそう。自分を改めて見つめ直す時期でもあり、時には遊びからアイデアが浮かぶことも。風呂上がりのストレッチで開運を。

天秤座:今週は「バランス」を重視して生活を。仕事で振り回されても、アフターファイブではいいことが。週末の過ごし方を考えるのもいいけれど、仕事と遊び、どちらかに意識が偏らないよう注意。ラッキーナンバーは「3」。

蠍座:今週は、自分の精神面を大切にすることで、クリエイティブな才能が発揮されてアイデアが湧いてきます。金曜日までにスキルアップに集中して週末には自分自身にご褒美を。幸運カラーのベージュでさらに運気アップ。

射手座:頭がさえわたる時期。いつもより物事について深く考えられるので、小難しい映画や小説に触れてみるのもアリ。整理整頓を意識すれば仕事の効率もアップ。バッティングセンターなど体を動かす場所に幸運が。

山羊座:思い切り働いて遊ぶ。派手で粋な思考法が思わぬ幸運を呼び込む!? 夜の街では素敵な異性と出会えるチャンスが‥‥。ただしギャンブルでは大勝を期待しないこと。鶏のレバーやハツで精をつけてなおよし。

水瓶座:金運アップ中。自分のやりたいことが形になって見えてくる予感。週末は競馬やパチンコにチャレンジしては? 会食の誘いがあれば、どんどん参加しましょう。ラッキーアイテムである手帳がミスを防いでくれます。

魚座:自分の星座に水星・太陽・土星が入ってくる週。真剣モードで、今後の人生について考えてみては? 金運は好調で、新規ビジネスやギャンブルは積極的にチャレンジを。朝食をゆっくり食べることが開運のコツ。

水森太陽(みずもり・たいよう)/東京・池袋の「占い館セレーネ」代表。10代から占いの研究と実践を行い、四柱推命をはじめ、さまざまな占術を修得。これまで2万人以上を鑑定し、占い師の育成にも尽力している。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」