エンタメ

「日本酒ブランド・獺祭」桜井会長に72歳米国移住を決断させた理由

 初の米国挑戦にワクワクが止まらない──。まるで海を渡ってメジャーに挑むプロ野球選手のようなセリフを発したのは、酒造メーカーの会長だった。渡米を決断するまでには何があったのか、アサ芸が肉迫した。

 冒頭のように語ったのは、日本酒ブランド「獺祭」を手がける旭酒造(山口県岩国市)会長の桜井博志氏だ。3月8日、岩国市出身の漫画家、本誌連載でもおなじみの弘兼憲史氏が応援団長となり、旭酒造と縁深い人々が集まって、渡米を前に都内で開かれた激励会での一言である。

 旭酒造の念願だったニューヨークの酒蔵が今年4月に完成。それにあわせて、桜井氏みずから陣頭指揮を執るべく、米国移住を決断したというのだ。なんと齢72にしての挑戦である。世間ではボチボチ終活でも始めようかと老け込む年頃なのに、現役バリバリとはうらやましいかぎりだ。

 獺祭は90年に誕生した比較的新しい日本酒ブランドとはいえ、酒米「山田錦」を磨き上げる、こだわった製法で知られ、雑味のない口当たりで日本酒通に早くから認められてきた。ことに15年当時、安倍晋三総理と米国のオバマ大統領が酌み交わした酒が獺祭だとわかると、あまりの人気ぶりに入手困難になったほど。それでもなぜ、会長みずから先陣を切って渡米しなくてはならないのか。

 それは、日本酒を巡る環境の激変と無縁ではない。清酒の国内出荷量は73年の170万キロリットルをピークに減少が続き、20年は40万キロリットルと歯止めがきかない状況だ。世間全体のアルコール離れが顕著な上に、好まれるのが発泡酒やチューハイなど軽くて安いものばかりになっている。

 そこで、旭酒造は早くから海外に活路を見出そうと、02年にニューヨークへの輸出を開始。22年には全体の売り上げ165億円のうち、70億円が海外市場と成長を続けている。

 そんな中、7年前にニューヨークの世界最大の料理大学から本格的な米国進出の誘いがあった。そこから17年初春に新規事業計画はスタートするのだが、これが困難を極めた。新型コロナの影響もあったが、それよりも米国当局の規制との折り合いがうまくいかなかったという。桜井氏は激励会でこう話している。

「『まだできないの?』と言われて約6年が経ち、ようやく完成の見込みが立ちました。建設コストは当初の30億円が80億円まで膨らんで、株式公開企業の経営者なら、とっくにクビになっていたでしょう」

 この逆境が桜井氏の闘志に火をつけた。実父の急逝を受けて、3代目として会社を継いだ桜井氏が倒産寸前だった酒蔵を立て直したサクセスストーリーは有名だ。途中、酒造りの考え方の違いから対立した杜氏に逃げられたが、それをバネに社員だけの酒造りを確立。多くの逆境を乗り越えてきたのだ。

「失敗を棚に上げて懲りずにやってきたせいか、いつまでも40代くらいの感覚なんです」(桜井氏)

 年齢を重ねた実感がないと言う。現に、息子で4代目社長の桜井一宏氏も、

「父は最近、内緒で早くもアメ車を買ったんです。心配事としては、米国で交通違反を起こしてアタフタしやしないかって‥‥」

 と、実父の壮健ぶりを語った。太平洋の向こう側で日本酒ブーム、いや獺祭旋風が巻き起こる日は近い。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」
5
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」