スポーツ

〈激闘!WBC2023〉村上宗隆「眼前でホームラン」大谷ショックで晒した脆弱メンタル

 令和の三冠王が振るわなかった。1次ラウンドから14打数2安打7三振の大スランプ。昨シーズンの“無双状態”から変わり果てた姿の背景には──。

「本物の怪物を目の当たりにして、すっかり自信をなくしてしまった」

 そう、ため息混じりに話すのはさるNPB関係者である。その視線の先には、準々決勝を控えたチーム練習のフリー打撃で快音を連発する村上宗隆(23)の姿があった。しかし東京ドームに響く小気味いい打球音には似つかわしくない、沈鬱な表情を浮かべていた。NPB関係者が続ける。

「変調の兆しが表れたのは3月4日でした。遅れてチームに合流した大谷のフリー打撃を生で見て、その打球速度と飛距離にショックを受けてしまった。投手兼任の『二刀流』で、いわば、片手間で打者をこなしているわけです。そんな異次元の存在と相対して、いかに自分がちっぽけな存在なのかを感じてしまったのでしょう」

 とはいえ、かつてパ・リーグで対戦してきた打者たちはそれを克服してきた。

山川穂高(31)など『あれは人間じゃない。異星人だ。早くアメリカに行ってほしい。かなわないんだから』と記者らに話して、言語化することでやり過ごしていましたから。ところが若い村上は真正面から受け止め、史上最年少三冠王のプライドがズタズタに引き裂かれてしまった」(前出・NPB関係者)

 まさか、本番直前になって重度のメンタル面の弱さが露呈されるとは‥‥。それでも1次ラウンドのオーダー表には、「4番村上」の文字が記されていた。スタメン選考の舞台裏をスポーツ紙デスクが明かす。

「栗山監督が首脳陣を説得しました。強化試合で結果の出ない村上を『4番から下げるべき』という声が絶えませんでしたが、『それこそ精神的に潰れかねない。俺は4番村上と心中する』と説き伏せたといいます。本戦前に大谷からも『4番は村上にすべきです』と進言する後押しがあったそうです」

 そんな2人の期待が重石になったのか。3戦目となるチェコ戦の5打席目までノーヒットが続いた。

「ストライクとボールの判別に四苦八苦していた。どうも、昨シーズンの後半から、狭く設定された村上のストライクゾーンが影響しているらしい。というのも、ホームランの日本選手記録更新や最年少三冠王のかかった時期だけに審判もビビッてしまった。際どいコースをストライク判定して、凡退を重ねた村上が記録を逃そうものなら、ファンからバッシングを受けるのは審判のほうですからね」(前出・NPB関係者)

 事実、今大会では外角や高めのボールを見送ってはストライク判定。カウントを悪くして三振と凡打の山を築いていく。ベンチで暗くなる村上をチームメイトが慰める場面もあったが、

「『ナイス進塁打』や『状態が悪い時は誰にでもある』といったポジティブな言葉が逆に村上を苦しめ、『周りに気を遣われることが嫌だ』と口にしていました。ですが、気を遣わせるような態度で雰囲気を悪くしていたのは村上自身なんですけどね」(前出・スポーツ紙デスク)

 そんな中、“師匠”と慕う岡本和真(26)には、「俺に『いい加減打てよ!』と言ってくださいよ」と、持っていきようがない心の叫びをぶつけていた。

「調子の上向かない“弟子”を励ましたかったのでしょう。岡本は『次に打てんかったら裏に来い。歯を食いしばれよ』と冗談半分に村上を元気づけたといいます。これが功を奏したのか、チェコ戦で放った初ヒットにつながりました」(前出・NPB関係者)

 何と言っても“村神様”。本調子を取り戻した姿で帰国してほしいものだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す