エンタメ

水森太陽の読めばガッポリ“ウハウハ”占い「『寅の日』の競馬は大吉方位で勝つ」

 東京では早くも桜が満開になりました。この号が発売される頃には、散り始めているかもしれませんが、桜には「優美な女性」「純潔」といった花言葉があります。意中の人をお花見デートに誘ってはどうでしょう?

 さて、今週はイベントが盛りだくさん。3月30日、31日は母倉日(ぼそうにち)。結婚式や入籍によい日とされ、両日とも新月から満月に向かう白道期間なので、大きな発展が期待できます。特に31日は不成就日ながらも大安。そして十二直は「納」。悪い要素を打ち消してよい縁がつかめそうな暗示です。

 そして1日はエイプリルフール。今年は五行の「土」が強いので、死に関するブラックジョークは避けた方がよさそう。

 さて、競馬のGIレース「大阪杯」が行われる2日は一粒万倍日で「寅の日」。大勝負に出る際には、大吉方位の「北西」とラッキーナンバーの「1」を念頭に馬券を購入しては? 競馬以外の勝負事でも幸運を引き寄せてくれるはず。

 春は引っ越しシーズンですが、「破」の28日と「危」の29日はおすすめできません。もしもこの日に予定していたら、荷物だけを運んで、住み始める日を2、3日ズラすことでよいスタートにつながるでしょう。

<2023年3月27日~4月2日>

牡羊座:ついつい精神的な安定を求めがち。その実、恋愛運やギャンブル運が上昇。何かとチャンスに恵まれそうなので、慎重になりすぎないよう心がけたい。多少の勇気が必要。ラッキーアイテムは面白い模様のハンカチ。

牡牛座:運勢が上り調子。臨時収入に恵まれたり、異性とのウハウハな体験も期待できます。何事にも勇気を持って挑むのが吉。週末は「全力投球」を心がけてさらに運気アップ。大きな鏡がある場所に開運のヒントあり。

双子座:素直にやりたいことができそうな週。お金をパーンと消費したくなるが、勢いに任せて散財すると後悔しそう。アウトプットよりインプットに集中して節約に努めたほうがベター。ラッキーフードはごぼうなどの根菜。

蟹座:今週のテーマはアイデンティティ。好き嫌いがハッキリしてくるので、自己主張しすぎて、周囲ともめないよう注意。趣味や遊びに集中した方が吉。就寝と起床をいつもより10分早めれば運気アップ!?

獅子座:いらないものを一気に捨てたくなるタイミング。掃除や片付けがはかどりそう。人間関係も含めて一度整理してみてもいいかもしれない。何が本当にやりたいのか、じっくり考えてみては? ラッキーナンバーは「3」。

乙女座:「新しいことを始めなくては」「アピールしなきゃ」といった焦燥感が‥‥。実は対人運が上がっているから。普段知り合えないような人と繋がりが持てそう。ただし自分を見失わないように。幸運色は青。

天秤座:これまで温めていたことを表に出すタイミング。緊張する場面が増えそうだが、持ち前の明るさで乗り越えたいところ。自己中心的な考えを捨てて、周囲と分かち合うことで運気も上昇。ラッキーアイテムは小銭入れ。

蠍座:よくも悪くも頭でっかちなところが目立ってしまいそう。今は「学びの時」と捉えて自己主張を控えるのが吉。年上の女性と親密になる暗示が出ているので、癒やしを求めてみては? ラッキースポットは森林。

射手座:妙にギラギラしやすいタイミング。仕事も恋愛も好調を実感する時期だけに、ついついリスクの大きい行動を選択。ギャンブルや女遊びは控えた方がベター。ラッキーフードのナッツで気持ちを落ち着かせよう。

山羊座:やりたいことばかり重視すると、仕事やプライベートで周囲とぶつかりそう。一歩引いて客観的な視点で接したい。何かと注目を集めそうなので、常にリラックスを意識しよう。開運アクションは後輩へのプレゼント。

水瓶座:感情の爆発に注意。仕事が次々と舞い込んでイライラするかもしれません。忙しいことに感謝が必要。恋愛運は上昇中。「乱れた性」の暗示があるため、色っぽいチャンスに恵まれるかも。ラッキーナンバーは「9」。

魚座:運勢がグングン上昇中。アイデアが周りに認められやすいタイミングです。恋愛面でも発展が見込めるため、気になる異性がいれば積極的に話しかけては? 素直な気持ちで接するのが吉。ラッキーナンバーは「4」。

水森太陽(みずもり・たいよう)/東京・池袋の「占い館セレーネ」代表。10代から占いの研究と実践を行い、四柱推命をはじめ、さまざまな占術を修得。これまで2万人以上を鑑定し、占い師の育成にも尽力している。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」