社会

大阪「立ちんぼスポット」最新ルポ【前編】/マッチングアプリで客引きして待ち合わせ

 大阪・梅田で「立ちんぼ」をしていた17歳から64歳の女、計61人が現行犯逮捕されたのは、令和元年から2年にかけてのことだ。梅田の地下街には古くから立ちんぼが集まることで有名な、待ち合わせスポットがあった。それが「泉の広場」だ(写真)。

 ここに立ちんぼが集まるようになったのは16、17年前。女性の年齢は30代から50代が多く、料金はホテル代込みで1万2000円から2万円ほど。客が全然つかない日はホテル代込みで「1万円でいい」と言う女性もいた。

 だが2019年12月に大規模改修が行われ、シンボルだった噴水が撤去されると、立ちんぼスポットはグルメ街としてリニューアルされた。一斉逮捕以降、立ちんぼを見かけることはすっかりなくなった。彼女達はどこへ行ってしまったのか。

「今は警察の目を気にしているのか、その待ち合わせ場所から地上に上がったホテル街によく立っているのを見かけます。以前のように客から声かけられるのを待つのではなく、マッチングアプリで客を引いていますね。アプリで出会ったと言えば、警察の目をごまかすことができますから」(近隣の性サービス店従業員)

 公衆の場で客を探して立ち続ける「客待ち行為」は禁止されている。そのため、マッチングアプリや出会い系サイトなどで客を捕まえ、待ち合わせをしてホテルに入るのが、今は主流なのだ。他にはこんな方法で客を捕まえることも。明かすのは、立ちんぼ事情に詳しいホテル関係者だ。

「『やり手ババア』みたいな女が街に立って、常連客や知り合いに声を掛け、女の子を仲介しています。やり手ババアに直接、電話して紹介してもらうこともできます。複数人で客を待っていると怪しまれるので、これも警察の目から逃れるためでしょう」

 逮捕されぬよう、慎重になって客を捕まえているようだ。だが、かつての待ち合わせスポットに立っていると「知らない男性に声を掛けられることがある」と話す女性も。どうやら古くからの客には、今でも立ちんぼがいる場所として、定着しているようである。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代