スポーツ

え、松田宣浩をそこに!? 巨人・原辰徳監督の「理解不能な迷采配」にOBが怒り心頭

 いったい何を考えているんだ! 巨人・原辰徳監督の選手起用に対し、OBからブーイングの声が巻き起こっている。OBのひとりがまくしたてる。

「確かに開幕から坂本勇人の不調もあり、オーダーを組むのに苦労しているのは分かる。とはいえ、4月9日の広島戦はあまりにひどすぎた。まったく理解不能だ」

 問題になっているのは、松田宣浩の二塁手での起用だ。9日の試合で松田は、4回二死から赤星優志の代打で登場。広島の玉村昇悟からボテボテの内野安打を記録して、お役御免と思われていた。ところが攻撃終了後、門脇誠の代わりに二塁の守備位置に就く仰天事件が起きたのである。

 ソフトバンク時代の松田は、三塁手としては歴代最多となる8度のゴールデングラブ賞を受賞した名手だ。だが二塁手としての出場は、プロ通算1916試合目にして初体験。案の定、西川龍馬のゴロを取り損ねるチョンボを犯している。

 確かに春季キャンプで原監督は「専門ではないと思うけど、やっぱりちゃんと無難にこなすと思いますよ」と話し、松田に二塁手としてシートノックを受けさせている。

 だが松田の二塁はあくまで、試合中に発生した超緊急事態に対応する時のみと思われていた。シーズンはまだ始まったばかり。指揮官の「攻撃に転じるということです」との説明に、あちらこちらから疑問の声が漏れ出すのも無理はない。スポーツ紙遊軍記者もアキレ顔だ。

「昨年の阪神・矢野燿大監督の選手起用を彷彿させますね。大山悠輔や佐藤輝明らの守備位置をコロコロ変えて、集中砲火を浴びましたね。それでも矢野監督はまだ、オープン戦では試していた。公式戦でいきなりの起用は信じられませんね」

 今季、ペナント奪回をもくろむ原監督だが、このまま迷采配が続くようでは、シーズン中に進退問題が浮上する苦しい立場に追い込まれかねない。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」