芸能

吉高由里子 運も味方にする人気女優の奔放な素顔

20140818yoshitaka

 放送開始から19週連続で21%超えを記録したNHK朝ドラ『花子とアン』。主人公、村岡花子を好演している吉高由里子だが、デビュー当初は注目されておらず、現在の女優としての人気は運が重なったからだという。スポーツ誌記者が語る。

「吉高は高校1年生の時にスカウトされ、芸能界入りしました。あまり興味はなかったものの、小さな芸能事務所だったので気楽にできるだろうと、入ったそうです。ところがアミューズが、その事務所に所属していた上野樹里が欲しくて吸収合併したんです。それで吉高も大手によって売り出される事になり、2006年公開の『紀子の食卓』のオーディションに参加。園子温監督に見いだされ、注目されます。アミューズの担当者が『うちのスカウトなら吉高には声を掛けない』と言ってましたから、凄い強運の持ち主ですよね。その後は蜷川幸雄監督の『蛇とピアス』に出演し、人気女優の階段を登っていきます」

 吉高は女優として成功しようという気があまりなかったために、自分のイメージを守る事を考えず、それが逆に監督の要望に応え、評価を上げる要因になったという。彼女の奔放ぶりは、『花子とアン』の収録現場でも垣間見えると、テレビ局関係者は話す。

「主人公が山梨県出身のため劇中では甲州弁を多く使うのですが、由里子ちゃんは収録の合間もよく甲州弁で話しています。なんでも元彼が山梨出身で、前から甲州弁には好感を持ってたんだとか。『この役は彼と付き合ってたおかげで来たのかも』なんて嬉しそうに皆に話してましたね。それで夫役の鈴木亮平くんが『その事は好きな男性には言わない方がいいよ』と言ったのですが、『え~?何でですか? 元彼とは今も二人で会ったり仲の良い友達ですよ』と不思議な顔をしてました」

 この危なっかしい所が、運を引き込む吉高由里子の魅力なのだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
吉岡里帆、「裏で“こぼれそうだったバスト”」を封印報道に嘆きの声!
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
太川陽介の鉄道旅がぺこぱへ継承!田中要次・羽田圭介が迎える“危機”とは