芸能

今度は「ゴゴスマ」女性レポーターまで!「不貞のデパート」ホリプロの対応策は…

「ゴゴスマ-GO GO!Smile!-」(CBCテレビ/TBS系)のリポーター上路雪江の不貞スキャンダルが「Smart FLASH」に報じられた。記事によれば、横浜中華街で妻子持ちのフリーディレクターと手繋ぎデート。中華街で食事後、シティホテルでチェックインし、出てきたのは6時間半後だったという。

 以前、原田龍二の「4WD不貞」やアンジャッシュ渡部建の「多目的トイレ不貞」などが騒がれた際、彼らを糾弾するかのようにマイクを突きつけていたリポーターの禁断愛に、世間はザワついている。

「ビビット」「グッとラック!」(いずれもTBS系)でリポーターとして活躍していた上路だが、「グッとラック!」終了後はテレビで見ることもなくなっていた。

 が、この4月から、同じTBS系列のCBC制作「ゴゴスマ」に、同じく「スッキリ!」終了で職にあぶれた阿部祐二とともにレギュラー参入。生中継担当としてデビューした矢先のことだった。初登場の際には、MCの石井亮次に「昼下がりのジョージさん」とからかわれ、「よく言われます」と返していたのだが…。

 もともとは岩手めんこいテレビのアナウンサーだった上路。フリーになり、現在の所属は「不貞タレント」のデパート、ホリプロである。

 というのも、中国留学中の小島瑠璃子、未遂なのに写真週刊誌に撮られて離婚するハメになった有村昆。NHKを辞め、フジテレビ夕方のニュースでキャスターデビューするはずが、過去のハラスメントがアダとなって失業した「マロ」こと登坂淳一。さらに業務提携には、アンタッチャブル柴田英嗣の元妻といろいろあった「FUNKY MONKEY BΛBY’S」ファンキー加藤の名前も。

 これだけ不貞がらみのタレントが所属していれば、上路もさぞや安心、対応策もバッチリだろうと思いきや、ご本人は、ホテルのフロントには「トイレの場所を聞いただけ」と苦しい言い訳をしているというからガッカリだ。

 報道後は「ゴゴスマ」に出てこなくなり、番組もその件には一切触れず。よもや自分が撮られるとは思っていなかっただろうが、このまま、ダンマリを決め込むつもりなのか。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴