女子アナ

1000人アンケートで決定!好きな平成の女子アナランキング【平成11年~20年入社編】/「史上最高のバスト」の持ち主は…

 まさに芸能人を凌駕する勢いで、女子アナの人気が爆発した平成時代。特にモテモテだったのは誰か。1000人アンケートで、平成11年から20年に入社した女子アナのランキングを発表する。

 平成の真ん中の年代を制したのは、高島彩(フジテレビ=入社当時の所属、以下同)。最も期待されている新人が担当するトークバラエティー番組「アヤパン」に抜擢され、フジテレビを代表する女子アナに成長した。理由はたくさんありそうだが、

「アナウンスは今でも一番だと思う」(46歳・自営業)

「清楚な印象だけど、学生時代のギャルのほうが好き」(50歳・運送業)

「上から目線で叱ってほしい」(51歳・検査技師)

 まっとうな理由から、下世話なものまで幅広い。現在は「サタデー・ステーション」(テレビ朝日系)で、熟達したアナウンスを聞くことができる。

 局アナがランキングを席巻する中、共同テレビ出身の滝川クリステルが、2位にランクイン。フジテレビに出向して「FNNスーパーニュース」「ニュースJAPAN」といった報道番組で、大いに名前を売った。東京五輪誘致の際の「お・も・て・な・し」発言はこの年の「新語・流行語大賞」の年間大賞を獲得。この印象は強烈なようで、

「一度でいいから、おもてなしされたい」(58歳・会社員)

「斜め45度のカメラアングルが忘れられない」(49歳・公務員)

「濃い顔が好きなので」(44歳・タクシー運転手)

 夫の小泉進次郎衆院議員がうらやましい限りである。

 3位もフジテレビの加藤綾子。日本テレビとTBS、フジテレビのキー局3社の内定をもらったことは、今も語り草。加藤も高島と同じく「カトパン」を担当した。「ホンマでっか!?TV」で、自らバストのサイズがEカップだと明かしたが、やはりこの爆弾発言の影響は大きく、

「かわいくて胸が大きいなんてずるい」(43歳・配送業)

「カトパンのバストを見て、朝から興奮していた」(48歳・飲食店勤務)

「女子アナ史上最高のバスト」(48歳・水産業)

 とEカップをベタ褒めする声が続いた。一般男性と結婚した今はm妊活中と言われている。

 フジテレビの女子アナが表彰台を独占した【平成11年~20年入社編】ランキング。ベスト10は以下のようになっている。

1位 高島彩(フジテレビ) 342票

2位 滝川クリステル(フジテレビ出向) 261票

3位 加藤綾子(フジテレビ) 252票

4位 内田恭子(フジテレビ) 238票

5位 夏目三久(日本テレビ) 215票

6位 大江麻理子(テレビ東京) 199票

7位 中野美奈子(フジテレビ) 156票

8位 大橋未歩(テレビ東京) 146票

9位 青木裕子(TBS) 123票

10位 平井理央(フジテレビ) 98票

※複数回答あり。所属は入社当時のもの

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】