芸能

長男をめぐって憤激…浜崎あゆみの「激アツ教育論」はもっともなのか

 これは浜崎あゆみの言い分が正しいのか、それとも──。

「『個性』ってそーゆー事なんじゃないかな。周りと違ったら怒られる、指摘される、直される。教育という名のもとで『個』を失って右向け右に揃えられていく子供達」

 歌姫がこうして教育論を熱く語ったのは、5月15日のインスタグラム投稿だ。自身の息子が学校で経験したことが原因だった。

 この3日前、浜崎は長男がくれたメッセージカードを公開していた。そこには鉛筆で「I love my mom」という文字が。学校で書いたものだというのだが、教師からは「筆圧が弱すぎる」と注意を受けたのだという。

 冒頭の批判コメントは、これを受けてのものだったのだ。結果、賛否両論が入り乱れることになる。

「学校は普通に指導しただけではないかと、疑問の声が上がっています。それを個性を奪う行為だと言われたら、何もできないのでは。そもそも筆圧が弱いのは個性と言えるのか、という意見もありますね」(ネットウォッチャー)

 逆に擁護派はというと「子供がこんなこと言われたたら腹立つよね」「息子をしっかり守ってあげてほしい」といった具合だ。

 くれぐれも、学校とのガチバトルに発展して長男の肩身が狭くならぬよう…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ