エンタメ

【恐怖リサーチ】「来るな!帰れ!」心霊系YouTuberが入院を余儀なくされた「最恐の激ヤバな森」があった

 かつて高視聴率を誇ったテレビの心霊番組も、コンプライアンス厳守により過剰演出ができなくなったことで、年々減少。代わって台頭してきたのが、心霊スポットや恐怖ゾーン、廃墟などをめぐったり、いわくつき事故物件に住み、そこでレポートした映像をアップする「心霊系YouTuber」と言われる人たちだ。

「彼らがアップするチャンネルは、ホラーエンターテインメント番組と呼ばれ、演出に頼らずその恐ろしい雰囲気を画面越しに伝えます。テレビ番組では味わえないリアリティーがあり、中には平均再生数100万回超えという人気チャンネルもあるほど」(超常現象に詳しいライター)

 とはいえ、彼らが訪れるのは心霊スポットであるため、その大半は不吉な噂がある場所となる。そんな彼らでも、むやみやたらに入れないと尻込みする激ヤバな場所がある。それが岩手県の「慰霊の森」なのだという。

「実はここは、1971年7月30日にANAの旅客機と航空自衛隊の戦闘機が衝突、空中分解して旅客機に搭乗していた162名全員が亡くなった場所なんです。衝突後、機体などの残骸は偏西風に乗って町の広範囲に落下し、遺体発見までに3日間を要したと言われています。季節が夏だったこともあって遺体の傷み具合は激しく、事故後に降った雨により、リン酸が発生。化学反応を起こして、夜になると森一帯が光り輝いていたという話も残っています」(前出・超常現象に詳しいライター)

 墜落した付近の跡地は整備されて「慰霊の森」と名付けられ、その後、航空安全祈願を込めて「森のしずく公園」という名称へ変更されたが、

「肝試しで森に入った若者の中には、突然、車のエンジンがかからなくなったり、停めていた車に戻るとフロントガラスに手形がびっしりついていたり、さらには、カーステレオから『来るな!帰れ!』という声が聞こえた、という話もある。地元でも、慰霊以外の目的では絶対に訪れてはならない場所とされています」(地元関係者)

 再生回数を稼ぐため足を踏み入れたものの、帰宅後に体調を崩し、そのまま入院した心霊系YouTuberもいたという、日本最大の恐怖スポット。

 信じるか信じないかはあなた次第だが、面白半分に訪れることだけは避けたいものだ。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え