社会

“ダメダメ”内閣改造のオフレコ事件を一挙暴露(1)小渕経済産業相が誕生した理由とは?

20140918a_2

 秋の臨時国会を前に断行された安倍政権発足後初めての内閣改造は、「女性登用」と「土壇場のサプライズ」が大きなニュースとなった。だがコトここに至るまで、官邸には謀略、対立、スキャンダルが飛び交い、もはやお笑いネタのようなオフレコ事件が続発。「ダメよ~、ダメダメ」と言われても、国民のために全部バラしてもいいじゃないの~。

 01年に小泉政権が発足した時と同じ──。9月3日の内閣改造の目玉はまず、過去最多となる「5人の女性閣僚」の登用だった。最も注目を集めた小渕優子経済産業相(40)に関しては当初、幹事長起用説が流れていた。全国紙政治部デスクが解説する。

「小渕氏は中国との緑化事業に協力するなど、親中派だった父親(故・小渕恵三元総理)の影響を受けているほか、日韓議員連盟の幹事をしています。その父親が築き上げた日中関係、さらには日韓関係を、安倍晋三総理(59)は圧力外交でブチ壊した。極め付きが、昨年末の“ドタキャン事件”です」

 小渕氏が超党派訪中団の団長として中国滞在中の昨年12月26日、安倍総理は敢然と靖国神社を参拝した。これに反発した中国は劉延東副首相が、予定されていた会談をドタキャン。さらに全日程がキャンセルとなって面目丸潰れの小渕氏は、早期帰国を余儀なくされたのだった。

「帰国後、小渕氏は仲のいい女性議員に怒りと不満をブチまけていました」(自民党関係者)

 が、安倍総理はそんな小渕氏の心情などおかまいなし。ジャーナリスト・森省歩氏が明かす。

「来年9月の自民党総裁選で再選を果たし、長期政権樹立の野望を持つ安倍総理にとって、小渕氏が所属する反安倍勢力の額賀派は目の上のタンコブ。他の反安倍勢力と結託されるとまずい。そのために小渕氏を利用する必要がありました」

 安倍総理の出身派閥である町村派(旧福田派)は、額賀派(旧田中派)とはかねてから緊張関係にある。とはいえ、入閣要請まで突っぱねる余裕はないだろう、と安倍総理は考え、取り込むべく動いた。小渕氏が将来の自民党総裁有力候補と言われることにも「次の総裁選に出るほど円熟していないし、次の次だろう。それまでは抑え込めた」とニンマリした様子だったという。森氏が続ける。

「小渕氏に入閣を受諾させた背景には、最初は総務相という“餌”を見せたことにあります。『総務相で調整しています』とささやかれ、蓋を開けてみれば経産相だった。額賀派からは『いやぁ、厳しいな』という本音が聞かれます。そもそも彼女が経済政策に明るいという話は聞いたことがありませんし」

 しかも経産相は原発問題を扱う省庁のトップであり、今後、原発再稼働問題で火ダルマになることは明らかだからだ。政治ジャーナリスト・安積明子氏も言う。

「ウハウハなのは経産官僚たちです。『意のままに操れる』と」

 小渕氏の足を引っ張るのは安倍総理だけではない。実は、“怪文書”騒動にも見舞われていたのだ。

「内容は、TBSドラマプロデューサーとしてヒット作を連発した夫に関するもの。『ジャニーズ事務所との関係が深く、裏金をもらってキャスティングの便宜を図った。ホテルオークラの部屋でたびたびモデル級の美女をあてがわれるなど接待も受け、銀座のクラブではジャニーズのツケで飲むことができる』といったことがつづられており、真偽はともかく、夫のスキャンダルをネタにしてイメージダウンを狙った卑劣な仕業と思われます」(永田町関係者)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
3
平手友梨奈主演「響 -HIBIKI-」大ヒットは逃すも酷評が驚くほど少ないワケ
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
野村周平と共演NGに?市原隼人が松田翔太の結婚式でガチギレ!?