芸能

松たか子 「アナ雪・HERO・おやじの背中」でわかった不在力(1)“HERO”にもし出演してたなら…

20140925c

“レリゴー♪”映画「アナと雪の女王」(ウォルト・ディズニー・スタジオ)で圧倒的な歌唱力を見せつけ、上半期の話題をさらった松たか子(37)。いまだにナマ歌は披露せず、実現が待望されるばかりである。さらには、オファーを蹴ったドラマですら、その話題の中心となるありさま。今、彼女は“不在”によって存在感を発揮しているのだ。

 月9ドラマ「HERO」を放送する、フジテレビ関係者が嘆く。

「視聴率はほぼ20%の大台を超えているので、文句のつけようはないのですが‥‥。もし、前作同様に松さんが出演していれば、“アナ雪効果”で少なくともあと5%は数字を上乗せできたはず」

 興行収入250億円の大ヒットとなった映画のみならず、サントラCDに続いて早くも発売されたDVDもミリオンヒット。まさに社会現象とも言うべき「アナ雪」ブームだが、これをみすみす逃してしまったのが「HERO」というわけだ。

 確かに「HERO」続編の初回視聴率は26.5%と好スタートを切り、その後もほぼ20%台をキープ。今年の夏ドラマ唯一のヒット作として主演キムタクの月9ドラマとしては意地を見せた形となっている。

 それでも13年前に放送された前作は平均34.3%という“お化け視聴率”を記録しただけに、今回も大ヒットとはいえ、素直には喜べない。そして、その“不満”の原因が松というわけだ。

「出演交渉がまとまらなかったあとでも、制作サイドとしてはどうしても松の持っている数字が欲しかった。そのため、松はドラマに出演していませんが、さっそく第1話で事務官から検事に出世しているということが明かされます。立て続けに第2話でも、中年事務官トリオの合コンシーンで『ありのままの自分、ありのまま、ありのまま』などと『アナ雪』のサビを連呼させる演出でした。こうした“姿なき出演”によって、さも今後に松が特別出演するかのような伏線を張っていました。いささか未練がましい演出でしたね」(テレビ誌記者)

 その後、第4話にて前作で女検事を演じた大塚寧々がゲスト出演したこともあり、ファンの間ではいまだに最終話に松が特別出演するのではないかと憶測が流れているのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
2
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
3
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!