芸能

松たか子 「アナ雪・HERO・おやじの背中」でわかった不在力(1)“HERO”にもし出演してたなら…

20140925c

“レリゴー♪”映画「アナと雪の女王」(ウォルト・ディズニー・スタジオ)で圧倒的な歌唱力を見せつけ、上半期の話題をさらった松たか子(37)。いまだにナマ歌は披露せず、実現が待望されるばかりである。さらには、オファーを蹴ったドラマですら、その話題の中心となるありさま。今、彼女は“不在”によって存在感を発揮しているのだ。

 月9ドラマ「HERO」を放送する、フジテレビ関係者が嘆く。

「視聴率はほぼ20%の大台を超えているので、文句のつけようはないのですが‥‥。もし、前作同様に松さんが出演していれば、“アナ雪効果”で少なくともあと5%は数字を上乗せできたはず」

 興行収入250億円の大ヒットとなった映画のみならず、サントラCDに続いて早くも発売されたDVDもミリオンヒット。まさに社会現象とも言うべき「アナ雪」ブームだが、これをみすみす逃してしまったのが「HERO」というわけだ。

 確かに「HERO」続編の初回視聴率は26.5%と好スタートを切り、その後もほぼ20%台をキープ。今年の夏ドラマ唯一のヒット作として主演キムタクの月9ドラマとしては意地を見せた形となっている。

 それでも13年前に放送された前作は平均34.3%という“お化け視聴率”を記録しただけに、今回も大ヒットとはいえ、素直には喜べない。そして、その“不満”の原因が松というわけだ。

「出演交渉がまとまらなかったあとでも、制作サイドとしてはどうしても松の持っている数字が欲しかった。そのため、松はドラマに出演していませんが、さっそく第1話で事務官から検事に出世しているということが明かされます。立て続けに第2話でも、中年事務官トリオの合コンシーンで『ありのままの自分、ありのまま、ありのまま』などと『アナ雪』のサビを連呼させる演出でした。こうした“姿なき出演”によって、さも今後に松が特別出演するかのような伏線を張っていました。いささか未練がましい演出でしたね」(テレビ誌記者)

 その後、第4話にて前作で女検事を演じた大塚寧々がゲスト出演したこともあり、ファンの間ではいまだに最終話に松が特別出演するのではないかと憶測が流れているのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」