芸能

芸能美女たちの“ピンク過去”を総力発掘!「ハプニング編」(2)満島ひかりの“ワキ毛”事件

20140925m_2

 今や演技派女優として人気の満島ひかり(28)のヌード以上に恥ずかしい場面があるのが、映画「カケラ」のワンシーンだ。

「映画ではレズに目覚める女子大生を演じるのですが、好きな女性の命令でワキ毛を剃ってはいけないと命じられて、そのまま生やしっぱなしにするんです。ストーリーの中盤で、満島が部屋に寝転がるシーンがあるのですが、その際に全身で伸びをするのですが、彼女の天然のフサフサのワキ毛が拝めるんです。ちょっと茶色っぽくて色素が薄め。意表を突くシーンで、画面に釘づけになること請け合いです」(映画ライター)

 意外性で言えば、衝撃のお宝写真として語り継がれているのが、鷲尾いさ子(47)の「バストトップポロリ写真」だ。

「91年に彼女が、卓球のイメージアップのために開いたディナーショーにゲスト出演。その時に1曲歌ったのですが、白のドレスから左乳首がポロリとハミ出てしまった。しかも、本人がそれに気がつかず、写真誌に掲載後にわかったという伝説のハプニングでした」(居合わせた記者)

 誰か指摘してあげる人はいなかったのか?

 とかく、ポロリなどのハプニングに事欠かなかったのが、「スーパージョッキー」(日本テレビ系)の熱湯コマーシャルのコーナー。コーナー進行役の飯島直子(46)が、生着替えを披露し、タイムアップであわやヌードが出そうなこともあったほど。

「まだブレイク前でグラドルだった優香(34)も青のビキニでチャレンジ。ところが、彼女のボディに比べ水着が小さく、たわわなオッパイがこぼれそうに。さらにパンツも食い込んで、あわや放送事故になるところでした」(テレビ誌記者)

 女子アナでは、元TBSの青木裕子(37)が女子アナ時代に発した「夜の営みは年間300回ぐらいがいい」発言が有名だが、やはり最強ハプニングを選ぶとするなら、元日本テレビの魚住りえ(42)が、アイドルアナ時代に経験したこのシーンだろう。

「整体師にマッサージを受けていたところ、突然、『乳ガンの可能性が‥‥』と言いながら、魚住のおっぱいを両手で揉みしだいたんです。抵抗できない魚住が『先生、胸触ってます!』と拒んでも我関せず。1分以上も触りまくっていました」(放送担当記者)

 やはり素人にはかなわない!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”