社会

“明智光秀”子孫が語る「本能寺の変」(2)長宗我部征伐で身の危険が…

 これまで本能寺の変について史実とされていたのは、信長の家臣として仕えていた光秀が、信長を恨むようになり、天下取りの野望を抱き謀反を企てたというものだった。そして、決起直前になって光秀は重臣に打ち明け、「敵は本能寺にあり」と号令を出し、信長討ちを果たした。

 一方、上方で遊覧していた家康は、命からがら三河に逃げ帰り(伊賀越え危機)、光秀討伐の軍を起こすも出遅れる。対して、備中高松城の戦いにあった羽柴秀吉は、毛利家との和睦をまとめ台風の中を驚異の速さで引き返し(中国大返し)、光秀を討ったとされる。

 だが、天正10年(1582年)6月2日の本能寺の変当日の行動ひとつとっても不可解な部分が多い。信長が、なぜこれほどまでに油断したのか。また、家康が信長に会うために本能寺に向かっていた理由など、今なお不明な点は多い。

「(本能寺の変の)動機は複合的なものであり、最終的な決断は信長の『唐入り』(=朝鮮侵攻)にあったのではないかと思います。天下統一に向け着々と進んでいたので、すぐにでも止めないと(唐入りまで)一気に行ってしまうだろうと焦っていたと思えます。その点で言えば、光秀の盟友である長宗我部征伐回避を信長に迫り拒絶されたことも、身の危険を感じる大きな契機になったに違いありません」

 1575年に土佐を統一した長宗我部元親は信長と同盟を結び、四国統一を狙っていた。ところが、元親と敵対する三好一族の三好康長が信長に服属したことで、同盟関係が崩れ、本能寺の変直前の1582年5月に、四国派兵が始まったのだ。この元親と信長の同盟関係を仲立ちしたのが、他ならぬ光秀だった。

 しかし、信長の三男の信孝率いる征伐軍は、本能寺の変で兵士が逃避。その3年後に元親が四国平定を成し遂げた史実を踏まえれば、本能寺の変は、長宗我部元親の滅亡を回避するための蜂起との見方もできる。今年6月には長宗我部元親が光秀の重臣に送った親書が発見され、四国政策の転換も動機づけの要因に加わり、謎解きはますます過熱しそうな勢いだ。

 さらには、信長討ちにあたっては、「家康を引き込むことこそ、必須条件だったんです」と、明智氏は力説する。

「畿内の制圧こそ、(大和一派である)細川藤孝や筒井順慶を味方にすれば抑えがつくものの、関東の織田軍の制圧と、厳重な警備下にある安土城の信長と岐阜城の(長男の)信忠討ちを速やかにできなければ、柴田勝家や羽柴秀吉が遠征先から戻って来る。そこに信長との家康討ちの密談が起き、信長と信忠を討てる目算が立った。さらに家康と組めば、東国も抑えられる。やっとここで成功の見通しが立ったわけです」

 さまざまな条件が重なり、本能寺の変は、日本の歴史を塗り替えるクーデターとなったのである。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」