社会

【戦慄の報告書】肉が溶けて1時間以内に死ぬ…マムシの70倍という「最凶の猛毒ヘビ4000匹」に占拠された島

 春以降、北海道では山から下りてきたヒグマが人間を襲う事件が頻発。本格化するアウトドアシーズンを前に、不安が広がっている。だが、熊が生息する地域は限られており、本当に恐ろしいのはマムシやヤマカガシといった毒ヘビだといわれる。

 とりわけ沖縄県を除く日本のほぼ全域に生息するマムシは、毒量こそ沖縄のハブには及ばないものの、毒性はハブより強い。噛まれれば全身の血小板が減少し、腎機能障害やショック状態を引き起こす。場合によっては死に至るケースもあるのだ。

 南米大陸のブラジルには、マムシの約70倍の毒を持つ最凶の猛毒ヘビに占拠された「毒ヘビだらけの島」がある。それがブラジル政府お墨付きで「踏み入れたら間違いなく命を落とす島」として知られる、ケイマーダ・グランデ島だ。旅行ジャーナリストのコワ~イ解説を聞こう。

「サンパウロから33キロの沖合に位置する無人島で、総面積は東京ドーム約9個分。島の大半が熱帯雨林で覆われているのですが、そこにはゴールデン・ランスヘッドという毒ヘビが1平方メートルあたり1匹から5匹という密度でひしめいている、といわれています」

 ゴールデン・ランスヘッドはこの島固有のマムシの一種で、体は淡黄褐色。サイズは70センチから90センチで、最大で120センチ程度だ。毒の半数致死量(LD50)を元に計算した場合、マムシは16mg/kgであるのに対し、ゴールデン・ランスヘッドは0.24~0.26mg/kg(推計)なので、単純に考えて、マムシの約70倍の猛毒を持っていることになる。

「国が厳重に立ち入りを禁止しており、研究機関と海軍関係者以外は上陸できません。実際に人間が噛まれた例は少ないとされますが、その場合は一瞬で筋肉が壊死し、肉が溶けて出血が止まらなくなる。間違いなく1時間以内に、多臓器不全によって死に至るとされます」(前出・旅行ジャーナリスト)

 この島にはかつて、40万匹を超える毒ヘビがいたとされるが、島には乳類がおらず、餌の中心が海鳥とあって、年々その数は減少。現在、総数は2000~4000匹と推測されている。

「一説には『海賊が盗んだ財宝を隠すために、このヘビを置いたのが始まり』というが、今では人間が足を踏み入れることができない、毒ヘビだらけの島ですからね。ただ、全てのヘビが絶滅した後には、財宝が発見される可能性もあり、ブラジル人の間ではロマンの島としても知られていますね」(前出・旅行ジャーナリスト)

 毒ヘビと財宝ロマン、なんとも妙な取り合わせなのである。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察