スポーツ

世界の福本豊<プロ野球“足攻爆談!”>「新庄監督、これはCS出場あるで!」

 予想を上回る大健闘と言っていいやろね。新庄監督の率いる日本ハムが存在感を見せている。開幕前の予想は僕も含めて多くの解説者が最下位に置いていた。一番のマイナス要素はWBC日本代表にも選ばれた近藤健介がFAでソフトバンクに移籍したこと。打線の核が抜けてガタガタになると思ってたら、新庄監督が若手を上手に育てながら使っている。交流戦ではセ・リーグで首位を走る阪神に勝ち越し成功。リーグ4位の力がフロックでないことを示した。

 就任1年目の昨年は松本剛に首位打者を獲らせたのに続き、今年はホームラン王を誕生させる可能性がある。高卒4年目の万波中正が、ここまでリーグトップの11本塁打と覚醒中。昨季は14本塁打を放ったものの打率は2割3厘。さすがに率が低すぎた。今年はレギュラーとして我慢できる2割5分を上回っている。外野手としての肩はメジャー級。10日の阪神戦では打撃は4打数無安打でも、ライトから好返球、ホームでタッチアウトにして1点差勝利に貢献した。打つ方の調子が落ちても使い続けたくなる力を見せている。

 新庄監督は育てるだけでなく、見る目もある。強い希望でドラフト3位指名した逆輸入ルーキーの加藤豪将が、期待どおりの働き。無駄な動きを省いた独特のノーステップ打法で3割を上回る打率を残している。足を上げない分、タイミングを取るのが難しいはずやけど、自分なりのタイミングの取り方があるんやろね。叩き上げでメジャーリーグに昇格した力はダテではなかった。アンダースローに転向させた鈴木健矢は阪神相手に6回無失点、その時点でリーグトップの6勝目。結果が出ないならダメ元で思い切ってトライさせる。新庄の勘ピューターで野球人生が変わった。

 僕としては、もう一皮むけてほしいのが阪神からトレードの江越。9日の古巣での一戦では1番でスタメン起用されて、逆方向への4号ソロ。恩返しの一打を放ったけど、3連戦の3戦目はスタメンを外された。でも、2割を切る打率では仕方がない。当たれば飛ぶんやから振り回さなくもいいのに、ボール球にも手を出してしまう。阪神時代から「もったいない」と思いながら応援していた選手。もっと危機感を持ってやってほしい。

 もう1人残念なのが、ドラフト1位ルーキーの矢澤宏太。二刀流選手として評判で、新庄監督も期待して使っていた。それなのに僕がいちばん嫌うケガの仕方をした。6月3日の巨人戦でホームへのヘッドスライディングで左手小指と右膝を痛めて、登録を抹消された。二刀流の選手が頭から突っ込んで自爆したらアカン。大谷翔平を見習ってほしい。日本ハム時代、当時の栗山監督に怒られてからヘッドスライディングをしなくなった。プロはケガせずにいいプレーをすることが最も大事なんやから。

 新庄監督の野球は何をしてくるかわからないから面白い。相手も戦々恐々やと思う。そういう思い切った采配を大舞台でも見てみたい。チャンスは十分にある。

 パ・リーグはオリックスとソフトバンクの2強の争いになると見ている。ロッテ、楽天、西武はドングリの背比べ。日本ハムは清宮が戻れば打線はさらに強化される。何か持っている選手やから、プラスαの勢いも出るはず。CS争いを大いに盛り上げてほしい。

福本豊(ふくもと・ゆたか):1968年に阪急に入団し、通算2543安打、1065盗塁。引退後はオリックスと阪神で打撃コーチ、2軍監督などを歴任。2002年、野球殿堂入り。現在はサンテレビ、ABCラジオ、スポーツ報知で解説。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス