芸能

アンジャッシュ渡部建が町中華で炒飯「アポなしグルメレポート動画」が面白すぎるって!?

 2020年6月に下半身スキャンダルが報じられてから、グルメリポートを見ることがなくなったアンジャッシュ・渡部建だが、4月に開設したYouTubeチャンネル〈アンジャッシュ渡部がいつか地上波のグルメ番組に出ることを夢見てロケハンする番組〉が、意外な好評ぶりを維持している。

「初回は4月28日でした。グルメ未開拓のお店を渡部がアポなしで訪れ、取材許可を取る番組が、東京・堀切菖蒲園からスタートしました。なかなか取材許可が得られず四苦八苦する中、ようやくOKとなった町中華でラーメン、餃子、チャーハン、きくらげの卵炒めを注文して食レポ。どれも渡部絶賛の味わいながら、ドカ盛りなどといった映像映えする内容ではありません。店主も『ウチなんかで画になるの?』と笑いますが『シンプルな食レポの上手さが際立っている』『テレビより面白い。編集のクオリティーも高くて見やすい』と絶賛する声が相次ぎました」(ネットライター)

 最近では、6月30日の回に興味深いシーンがあった。埼玉県蕨市を散策中、イタリアンの店を見つけたのだが…。

「ピザ」を「ピッツェリア」と渡部が言い直したことにスタッフが反応すると、ピザはトッピングの具材を楽しむアメリカ文化で、ピッツェリアは生地を楽しむイタリア文化だと、ウンチクを長々と披露。引き気味のスタッフに「ピザとピッツァこそ、テレビがいちばん間違ってるからね。一緒にしちゃダメよ」とツッコミをいれたのだった。

 チャンネル登録者数は10万人弱ながら、視聴回数はいずれも20万回から30万回前後をキープ。もはやテレビに戻らなくとも、渡部には居場所ができたようだ。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す