スポーツ

リバティアイランド「3冠獲り」に黄色信号!鞍上の川田将雅が口走った怪物牝馬の「意外な弱点」とは

 今年上半期の3歳牝馬クラシック戦線は、リバティアイランドの独壇場に終わった。

 1冠目の桜花賞(阪神・芝1600メートル)、続く2冠目のオークス(東京・芝2400メートル)で繰り出した「異次元の鬼脚」は、10年に一度の「怪物牝馬」と呼ぶにふさわしい、驚異的なパフォーマンスだった。

 陣営によれば、同馬は今夏を滋賀県にあるノーザンファームしがらきで過ごした後、そのまま秋華賞(京都・芝2000メートル)に直行して3冠獲りを狙う予定だという。当然、ダントツ人気に推されるだろうが、怪物牝馬にも死角がないわけではない。

 実は鞍上の川田将雅が馬上で思わず漏らした「意外な弱点」が、JRAのジョッキーカメラの動画に収録されているのだ。これは騎手のヘルメットに装着された小型カメラによって録画されたもので、手綱を握る騎手の目線からの迫力あるレース映像のほか、ゴールイン後に騎手が口にした生々しい肉声などを視聴することができる。

 まずは桜花賞。誰もが「これは届かない!」と感じた最後方からの差し切り勝ちを収めた後、スタンド前に引き返してきた川田は、次のように道中の行きっぷりを口にしていた。

「今日は全然、進まんかったわ。全然。何してんねん、と言いたいくらい」

 ところがオークスでは、真逆の行きっぷりを見せる。先行集団の直後の位置からの圧勝劇を決めた後、川田は道中の様子を、厩務員らにこう伝えているのだ。

「今日は気持ちが入ってたけど、ずっと力んで(走って)いた」

 川田とも陣営関係者とも親しいホースマンが、コトの核心に迫る。

「行きっぷりの悪さと折り合いの悪さは、いずれもレースにおいては致命的。リバティアイランドといえども、ペースや展開によっては、桜花賞は踏み遅れと差し遅れで届かず、オークスは抜け出したところで差される、という結果に終わった可能性がある。この悪いクセが解消されなければ、秋華賞では黄信号が灯ることになるでしょう」

 カギを握るのは、ひと夏を越しての成長だ。10月22日に行われる秋華賞では、寸分のスキすらない、完璧なレースを期待したい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日