スポーツ

首位陥落の阪神・岡田監督がイライラ、メディアに八つ当たり

 6月23日からの横浜DeNA3連戦で3連敗を喫し、セ・リーグ首位から陥落した阪神。時を同じくして聞こえてきたのは、岡田彰布監督(65)の大暴走、そして周囲との不協和音だった。

「何回ゆうてんの!」

 もはや「鬼門」と化した敵地・横浜スタジアムでの足掛け2年の13連敗後のことだった。三塁側ベンチ裏にある関係者用の出口に横付けされたワンボックスタイプのハイヤーに乗り込む岡田監督は、群がった報道陣を前に声を荒らげた。

 不穏な空気は、負け越したセ・パ交流戦を終えて横浜に移動する22日から漂っていた。

「阪神と同じくDeNAもホームゲームに強いことを聞かれた時のこと。岡田監督は4月のビジター横浜戦を振り返り『横浜はイベントの時間が長いよな。アレ待ってる時間長いやんか。何か野球に関係ないイベントばっかりしてるやろ。ちょっと拍子抜けすると思ったわ。ゆうとけよ、横浜に!』と公の場で言い放つや、翌日、在阪スポーツ各紙はこぞって、言われたとおりにDeNAへの“苦情”を紙上やネットニュースで発信。父親が岡田監督の後援会メンバーだったために幼少期から交流がある、DeNA三浦大輔監督は『それは球団がでしょ』と、あくまでグラウンド外の話として大人の対応でしたが、DeNAの球団関係者は『俺たちの努力を踏みにじる発言。絶対に許さない』と怒りを露わにしていました」(在阪テレビ局関係者)

 口は禍の元とはこのことか。初戦、今永昇太に完封されると「球審が悪い!」とボロカス。2戦目後には「イベントの記事からおかしくなった」と、イライラを隠さず露骨に八つ当たりするのだった。

「バウアーにしてやられた3戦目後には、岡田監督が球団スタッフを通して『記事を掲載した社から経緯説明と謝罪がない限り取材拒否する』と一方的に通達してきました」(前出・在阪テレビ局関係者)

 メディアが困っているところにスーツ姿の岡田監督が出てきたため、報道陣は一斉に声をかけた。だが言下に、冒頭の発言を浴びせられたという。

 思えば、04年から08年までの阪神監督時代、10年から12年までのオリックス監督時代は就任当初から“王様”気分だった。

「気に食わない記事を書いた記者を呼びだして『なあお前、そんなん書いて野球わかってんの? おーん』と詰めたり、段取りが悪い球団スタッフを『何べん同じことゆうてんのよ。はっきりゆうて!』とブチ切れ。特に戦績が悪くなると大したことではなくても怒りの感情があふれたあげく、球団に『スタッフ代えろゆうてるやん!』。シーズン中に監督付の広報が交代したこともありました。関わったスタッフが『2度と岡田はんとは仕事したくない』と拒絶反応を起こすほど。昨オフの阪神監督復帰においては、制御不能に陥ることを嫌がった谷本修球団オーナー代行、嶌村聡球団本部長が球団親会社の阪急阪神ホールディングス幹部の“岡田推し”に最後の最後まで反対を唱えていました」(球団関係者)

 新聞紙上で選手を批判する手法は旧態依然だが、それを受け止める選手たちとは意思疎通を欠くばかりで‥‥。

「今の若い選手はネット記事に付随するコメント欄やSNSで引用リツイートされることをかなり嫌います。岡田監督にしてみれば、やってることは変わらないのですが、周囲の環境は激変している。そのことに気づいていないのです。不振で6月24日の試合後、2軍行きを命じられた佐藤輝明は周囲に『監督にはついていけない‥‥』と不満を口にしていたといいます。せっかくチームは貯金をたくさん抱えているのに早くも崩壊危機に直面しているのです」(トラ番記者)

 幸いにも、投手を中心に阪神は戦力層の厚さは12球団トップとみられる。だからこそ、操縦役の岡田監督が荒い運転で18年ぶりの「アレ」を期待外れに終わらせないよう、祈るばかりである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日