社会

復興のシンボル「SL銀河」も引退…人気でも蒸気機関車が運行終了を迫られるワケ

 東日本大震災からの復興のシンボルとして、2014年に運行を開始した「SL銀河」(写真)が運行を終了したのは6月11日。

 SL銀河は震災で被害を受けた東北地方に観光客を呼び戻そうと計画され、岩手県営運動公園に保蔵されていた国鉄C58形蒸気機関車239号を復元し、50系客車を気動車に改造したキハ141系を牽引。花巻駅と釜石駅の間を2日で一往復した。

 釜石線の名所として有名な「めがね橋」(正式名称=宮守川橋梁)や難所として知られる仙人峠を通る人気のSL列車だったが、惜しくも運行終了。引退には、SL列車ならではの理由があるという。鉄道ライターが語る。

「蒸気機関車を運行していく上で最大の問題は、車両の修繕費です。蒸気機関車は中に大きなボイラーを抱えていますが、それを修理できる会社は日本に1つしかありません。当然、コストもかかります」

 SL銀河は蒸気機関車のみならず客車の老朽化も問題だったそうで、

「通常、客車は動力を持ちません。ただSL銀河は仙人峠を越えるため、ディーゼルエンジンを搭載した気動車を客車にして、後ろから押す独自の編成となっていました。このような客車を新たに作る予算がないため、引退させることになったんです」

 こうした問題はSL銀河に限ったことではない。

「JR東日本の『SLぐんま みなかみ』はD51形498号機とC61形20号機で運行していますが、だましだまし使っている感は否めません。秩父鉄道の『SLパレオエクスプレス』を牽引するC58形363号機などは故障で自力で走行できなくなり、その後脱線して車軸や車輪が損傷したこともある。いつ走れなくなってもおかしくない状態で、壊れてしまえば替わりはありません」(前出・鉄道ライター)

 SL銀河のように引退する前に乗っておいたほうがよさそうだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
5
メッシ出場「コパ・アメリカ2024」よ、お前もか!アマプラ生中継に「なぜ?」の不満が噴出したわけ