スポーツ

開幕戦の大事件「疑惑のホームラン」を長嶋茂雄に確認したら「公式発言とホンネは違っていた」

 プロ野球界には「疑惑のホームラン」なるものが何本も存在する。往年のファンには、1978年の日本シリーズ「ヤクルト×阪急」戦での、大杉勝男のポール際の一発が記憶に残っているかもしれない。阪急の上田利治監督が1時間19分にわたって猛抗議した、球史に残る事件だ。

 同じように「疑惑の一発」を語ったのは、ギャオス内藤尚行氏である。野球解説者・岡崎郁氏のYouTubeチャンネル〈アスリートアカデミア【岡崎郁公式チャンネル】〉に出演した内藤氏は、自身が開幕戦のマウンドに上がった、1990年4月7日のヤクルト×巨人戦を回想した。

 3-1とヤクルト2点リードで迎えた8回裏、一死二塁。打席には巨人の篠塚利夫が立った。内藤氏が投じた初球のスライダーを、体勢を崩しながらも右翼ポール際に運ぶと、ホームランの判定で同点に。

 ところがファウルだとの確信があった内藤氏は両膝をマウンドにつけながら、憮然とした表情だ。当然ながら、野村克也監督が猛抗議を展開する。ところが現在のようにビデオ判定(リクエスト)などない時代ゆえ、判定は覆らない。試合は延長14回裏、一死満塁のチャンスで巨人・山倉和博が四球を選んでの、押し出しサヨナラ勝ちとなったのである。

 だが、現在の内藤氏の顔には悔しさなど微塵もうかがえない。

「1勝を損したとか言われるんですけど、いやいや、あれは視聴率20%をゆうに超えている。次の日の新聞を見たら『疑惑』(の見出し)って…。あれが開幕戦だったっていうのがありがたいんですよ。だって、開幕戦であんな事件が起きるんですよ。『あれじゃあ、ギャオスが可哀想だ』みたいな…」

 どこまでもプラス思考で、まんざらでもない様子すら見せるのだ。

 ちなみに当時、テレビ中継で解説を担当していた長嶋茂雄氏の見解はというと、

「ポールを巻き込むね、微妙な角度で入っていったんじゃないかと思いますけど。もちろん私どものブースではね、わかりません」

 その後、当時ヤクルトの一員だったミスターの長男・長嶋一茂氏が、父親に「ホンネ」を確認。内藤氏はその「答え」を明かした。

「あれ、ファウルだったね」

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道