スポーツ

バレーボールW杯「参加国の猛烈クレーム」で断行された「ジャニーズ締め出し」という強制措置

 もはや「外圧」しか、事態を変えられないのだろうか。

 世界選手権、オリンピックと並び、バレーボール3大大会のひとつ「バレーボールワールドカップ」。1965年に始まった4年に一度の祭典は、1977年以降、男女ともに日本で開催され、テレビ中継はフジテレビ系で独占放送されている。

 大会を盛り上げる「スペシャルサポーター」は、ジャニーズのアイドルグループ。1995年大会のV6を皮切りに、1999年は嵐、2003年はNEWS、2007年はHey!Say!JUMP、2011年と2015年はSexy Zone、2019年はジャニーズWESTが大役を務めた。

 ところが9月から始まる2023年大会で、異変が起きたのだ。「週刊文春」が報じたところによれば、今大会でスペシャルサポーターに予定されていたのは「Aぇ!group」。関西ジャニーズJr.内の6人組グループで、今大会をきっかけにCDデビューすることが決まっていたという。それが思わぬところから横ヤリが入り、暗礁に乗り上げてしまったというのだ。

「Aぇ!group」が関わることに難色を示したのは、大会に出場する、とあるヨーロッパの国だという。なんと「ジャニーズのアイドルが大会に関わるのであれば、出場を取りやめる」と。つまりはジャニー喜多川氏の性暴力スキャンダルの影響を懸念してのことなのだが、

「イギリス公共放送BBCがこの問題を扱い、世界中に知れ渡ってしまった。性ハラスメント問題は、国際スポーツ業界でも一大関心事です。問題のある芸能事務所のアイドルが関わることに異を唱えるのは、不思議なことではありません」(テレビ関係者)

 それでもフジテレビは起用を強行しようとしたが、7月に入って「Aぇ!group」の降板を決めたという。

 日本バレーボール協会の川合俊一会長は記者の直撃に対し、しどろもどろの返答。そこにはジャニーズに対する忖度がありそうだ。

 7月下旬には国連のワーキンググループが来日し、この性暴力問題を調査する。

「ジャニーズ事務所の改革の動きが遅く、テレビ番組やスポーツ紙には相変わらず、ジャニーズのタレントが登場しています。嵐が過ぎ去るのをじっと待っている感は否めませんが、今回のW杯の件、あるいは国連など国際団体からの『外圧』がなければこの問題は解決できないのかと、暗澹たる気持ちになります」(芸能プロ関係者)

 ジャニーズのアーティストには何の罪もなく、「Aぇ!group」は気の毒としか言いようがないが、問題は事務所としての自浄作用が働くかどうか。それでもタレントを性被害から守るためには、国外の力が必要なのかもしれない。

(石見剣)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談