芸能

記者が語る!明石家さんまが活躍し続ける秘訣

20141014sanma

 9月に『からくりTV』が終了したものの、今もレギュラーを4本持ち、活躍中の明石家さんま。来年60歳を迎えるが、若かりし頃の素顔を当時取材した週刊誌記者が語る。

「さんまさんに初めて会ったのは、『オレたちひょうきん族』にレギュラー出演し始めた若手の頃でした。事務所に取材を申し込むと『さんまの意向で移動中にして欲しい』との事。それで東京の仕事が終わり、大阪に帰るさんまさんを新幹線で車中取材。『記者に時間を割いて会うのは面倒なんだな』と思ったのですが、大阪に着くとご飯に誘われ、盛り上がったので翌日も会う事になったんです。別にご飯代を取材費で落とせとかではありません。当時、さんまさんにはマネジャーも付いてなく一人だったので、かなり濃密な取材ができましたね。記事が掲載された後、『こんなに大きく取り上げてもらえるのは初めてですわ』と喜んでくれました」

 また、別の週刊誌記者は、さんまの器の大きさに驚いたという。

「30年程前、人気上昇中だったさんまさんのエピソードを集めるため、村上ショージさんを取材した事がありました。ただ、その場に向かう際は気が重かったですね。というのも、私の所属していた週刊誌はその前年、関西のスポーツ紙が報じた事を受け、さんまさんの弟さんが亡くなった事を記事にしてたんです。私自身は関わってないものの、心苦しく思っていました。 そんな中、ショージさんに会うと『この取材の事はさんま兄さんに話してあります』。ドキッとしましたし、怒られたり取材拒否されるかと思いきや、『わかった。ただ、ちゃんと面白く書いてもらえ』と言われたというんです。『家族の事を書いた週刊誌をよく思ってないはずなのに』と驚くとともに、悪い事は書けないと思いましたね」

 さんまが長い間活躍している秘訣は、敵も味方につける器の大きさかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
2
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」
3
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
4
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
5
「練習すると風が止む」武田修宏のモテすぎ伝説「広瀬すずの叔母と交際していた」