社会

まだまだブーム継続中「乳酸菌飲料で腸活」の落とし穴

 乳酸菌飲料ブームが続いている。マーケティングリサーチのインテージが発表した「2023年上半期売れたものランキング」の食品カテゴリーでは、乳酸菌飲料が昨年の9位から5位にランクアップするなど人気は増す一方だ。

 フードジャーナリストが解説する。

「2016年頃から腸内環境を整えて健康な体づくりをしようという、いわゆる『腸活』が話題になってから乳酸菌飲料に注目が集まりはじめました。その後、21年に乳酸菌シロタ株を1ミリリットル当たり10億個配合し、ストレスの緩和と睡眠の質向上を謳った『ヤクルト1000』(店頭用はY1000)が全国発売されると空前の乳酸菌飲料ブームが到来。今年3月には『ピルクル400 Light (65ml×10)』と『ピルクル400 鉄分 (65ml×10)』の2商品が必要な供給量を確保できないことから販売休止を発表するなど、ブームは収まる気配がありません」

 需要拡大によっていまだ品薄状態が続く「ヤクルト1000」「Y1000」については、静岡県や千葉県に新工場を建設し増産を急いでいるという。またキリンビバレッジもプラズマ乳酸菌配合の「キリンおいしい免疫ケア」の増産に向け、約100億円を投じた湘南工場に新製造ラインを本格稼働させている。まだまだ乳酸菌飲料の快進撃は続きそうだが、果たして飲むだけで本当に効果を得られるのだろうか?

「乳酸菌飲料では免疫力を高めたり、整腸作用やコレステロールの低減、老化予防などが期待できるとされますが、飲んでも効果を実感できないという方も多いかもしれません。乳酸菌は摂取しても体内に蓄積されることはないので、毎日継続して腸内に補充する必要があります」(健康ライター)

 つまり毎日大量に摂取すればいいというものではない。

「乳酸菌は基本的に過剰摂取による副作用はないとされていますが、SIBO(小腸内細菌異常増殖)になっている人は菌の増えすぎによって症状が悪化してしまう可能性があるといいます。また乳酸菌を多く取り入れようとして乳酸菌飲料の他にもヨーグルトやチーズ、味噌、ぬか漬けなどを食べ過ぎると、糖質や脂質の取りすぎになってしまう可能性もある。やはり適量を継続して摂取するべきでしょう」(前出・健康ライター)

 ともあれ気軽に摂取できるようになった今、ブームはしばらく続きそうだ。

(小林洋三)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」