芸能

飯星景子を「統一教会」から奪還した硬派ジャーナリストの父の「20歳も老けた姿」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 安倍元総理の銃撃事件から、この7月で丸1年が経過したが、旧統一教会をめぐる社会問題は、いまだ解決の光が見えてこない。

 その旧統一教会に1992年に入信し、突如として渡米。世間を騒がせたのが、キャスターとしても人気上昇中だった、タレントの飯星景子である。

 彼女が当時出演していた「プレステージ」(テレビ朝日系)でスタイリストの女性に誘われ、旧統一教会の関連団体「アジア平和女性連合」の総会で司会を務めるようになった。1992年3月のことだった。

 そして翌4月には教会の「祝福講義」を本格的に受け始め、それと並行して「作家活動に専念したいから」と所属事務所を辞めて、レギュラー番組も降板。すると一部週刊誌で「翌年の合同結婚式に参加することが決まった」と報じられるなど、事態は急展開を見せることになる。

 そんな中、10月1日になって、彼女の父でジャーナリストの飯干晃一氏が沈黙を破り、東京・赤坂のTBSで緊急記者会見を開く。教会に対し、堂々と宣戦布告したのである。飯干氏は目を真っ赤にしながらこぶしを握り締め、こうブチ上げた。

「統一教会は宗教の仮面をかぶったサタンだ。悪魔ですよ。そして『飯星景子』を桜田淳子や山崎浩子に続くPRの目玉として考えているんだろうが、私は残りの半生をかけても、統一教会を潰すまで断固闘います。景子が戻ってきても闘い続ける。戦う以上、勝ちます。(娘には)ドアは開かれている」

 結果、この記者会見の後、彼女は帰国。晃一氏の説得により、教会の教義に疑問を抱くようになり、脱会を決意したと、当時は伝えられていた。

 しかし、事実は若干、異なっていたようである。昨年12月には「報道の日2022」(TBS系)の取材に、次のように語っているからだ。

「当時はもう、私は逃げるみたいにアメリカに行っていたので、父の会見は見ていないんですよ。(中略)父は私がアメリカから帰ってくるのを手ぐすね引いて待っていて。新約聖書、旧約聖書、外伝から統一教会の経典と言われる原理講論まで全部読んで、私を論理的に論破しようと思っていたんですよね。でも私は全然聞く耳持たず、『あなたと私は違う人間』って、壊れたテープレコーダーみたいに繰り返して、父は万策尽きた様子でした」

 そんなある日のこと。飯干氏からドライブに誘われたという。目的地に着くと、

「父が下を向いたまま『会ってもらいたい人がいるんだ』と。その時の顔があまりに弱々しく、10歳も20歳も年老いたお爺さんに見えて。今まで見たことがない父の姿を見た時に、私を覆っていたものがほどけたんだと思います」

 そう、彼女の心を大きく動かしたのは、常に強気の姿勢を見せる作家としての父の姿ではなく、苦悩し、困惑し、狼狽する、ただただ娘を愛するひとりの父親の姿だったのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え