スポーツ

プロ野球「ドラフト会議」50年 “あの大騒動”を一挙プレイバック!(2)いまでも記憶に残る“空白の一日”

20141030dd

「KK事件」に勝るとも劣らない大騒動となった、江川卓氏(59)を巡る、いわゆる「空白の一日」。作新学院から大学進学を希望していた江川氏に対し、73年のドラフトで阪急が1位で強行指名したところから、コトは始まった。江川氏は入団を拒否して、予定どおり法政大学に進学。やがて77年のドラフトを迎えた。

 この時のドラフトはまず指名順位をくじで決め、1番から順に指名していく変則ウェーバー方式。1番クラウン、2番に巨人‥‥と決まったところで1時間の休憩に入った。スポーツライター・飯山満氏が語る。

「クラウンのスタッフがトイレに立ちました。巨人も連れションに行こうとしたところ、他球団が『バカヤロー、誰が密約をさせるか』とゾロゾロついてきて、全員連れション状態になった。実はクラウンは巨人に対し、『江川を指名しても入団してくれそうもないと判断したら、ウチは違う選手を指名する。その代わり、いいトレードをしませんか』と持ちかけるつもりでした。つまり、場合によっては1番くじのクラウンが江川指名を回避するから、2番くじの巨人が江川を指名する。その後、クラウンに有利なトレードを実現させる、と」

 その空気を察した巨人が連れションに応じたところ、さらにその空気を読んだ他球団が来て、密談を阻止。飯山氏が続ける。

「1時間の休憩中に2、3回試みましたが、ことごとく阻まれ、失敗に終わっています。困ったクラウンは強行指名。これが『江川連れション事件』です。あの時、連れション密談を許していれば、『空白の一日』はなかった‥‥」

 巨人を希望していた江川氏はクラウン入団を拒否し、アメリカに野球留学。そして翌78年、「交渉権を得た球団が選手と交渉できるのは、翌年のドラフト会議の前々日まで」という野球協約の裏を突く形で、巨人はドラフト前日に「ドラフト外選手」として江川氏と契約を結んだことを発表した。いわゆる「空白の一日」事件である。ドラフトではこれに抗議した4球団が江川氏を1位指名。いったん阪神に入団後、巨人にトレードされる大騒動に発展したことは周知のとおり。当時のドラフトに関わった球界関係者は言う。

「江川がクラウンを拒否したのは、当時交際していた現夫人と早く結婚したかったから。だから『福岡は(夫人が住む)東京から遠すぎる』と言ったんです。東京とクラウンの本拠地・福岡では遠距離恋愛になってしまいますから。江川の巨人入りに際しては、自民党副総裁で作新学院理事長も務めた船田中氏(自民党・船田元氏の祖父)の秘書が実行部隊として暗躍。読売とパイプがあったのです」

 江川氏のような入団拒否選手はその後も出現。元木大介氏(42)=89年・ダイエー1位拒否=は巨人に行きたくてハワイに野球留学浪人し、小池秀郎氏(45)=90年・ロッテ1位拒否=は「ロッテはいちばん避けたかった球団」と言い残して、いったん松下電器入り後に近鉄に入団した。巨人・内海哲也(32)=00年・オリックス1位拒否=は東京ガスを経由して巨人入りを目指したが、

「高校時代にバッテリーを組んだ李景一を巨人が『人質』として8位指名し、内海の気が変わらないように、李に『3年後、一緒にバッテリーを組もう』と言わせています」(スポーツ紙デスク)

 巨人・長野久義(29)もまた、06年・日本ハム、08年・ロッテと2度の指名拒否のあと、09年に念願の巨人入りを果たしている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
あわや胸の“レーズン”が!マギーの艶ショットに「これは事件」の評