スポーツ

岡田阪神「モヤモヤ狂騒曲」(2)今季の快進撃は岡田采配の賜物

 私が岡田を強く意識したのは1986年の早春に遡る。岡田は言い放った。

「長嶋茂雄なんか嫌いや」

 長嶋は評論家として安芸キャンプを訪れていた。前年、阪神は日本一を達成。岡田はランディ・バース、掛布雅之と並ぶ超破壊的クリーンアップの一角を占める看板選手だった。時に岡田は29歳、余談ながら私は三つ下の26歳。

 長嶋は戦後のプロ野球を牽引し、当時も絶大なる存在感を示している。それにもかかわらず、岡田は臆することなく偉大なるレジェンドをディスってみせた。

「巨人は阪神の敵やん。巨人のOBを好きというのは筋違いやろ。縦縞のユニフォームを着ている以上、オレは絶対に長嶋さんのことを好きと言われへん」

 私は岡田の屁理屈に痺れてしまった。それほどV9時代の長嶋は憎たらしかった。幼き日には「長嶋と王貞治がいなければ」と呪詛

したものだ。しかし、巨人を呪わば穴二つ、長嶋どころか王まで阪神戦になるとポカスカ打ちまくった。

 長嶋を永遠のライバルと呼んだ村山実なら「嫌い」とは言わぬはず。掛布は憧憬で瞳をキラキラさせただろう。だが、岡田は「長嶋さんの実績や人間性は認めても〝巨人の顔〟としての長嶋はアカン。別次元の話や」と続けた。阪神の一員たる心意気、アンチ巨人の姿勢を明確にしたのだ。

 岡田といえばドン・ブレイザーのもとデーブ・ヒルトンとレギュラーをめぐって大いにモメたり、顔が藤山寛美に似ているという印象ばかりが強かったけれど、この発言で認識が一変した。

 岡田ってケッタイな男。

 岡田ってオモロイやん。

 私は彼が大好きになった。

 岡田は大阪の玉造、私はほど近い布施で育っている。布施、玉造ともお世辞にも上品とはいえぬ土地柄。実家が町工場なのも同じ。鉄と油が交じった臭い。シミのついた菜っ葉服。日本人と韓国人、朝鮮人が入り混じる町。場末の居酒屋、オッサンたちが甲子園の戦況に一喜一憂する。

 岡田への妙な親近感は、こういったバックグラウンドのせいかもしれない。

 岡田が熱烈な虎小僧だったのは有名な話だ。父が阪神のタニマチだった関係で、62年の優勝パレードでオープンカーに乗り込み、73年の村山引退試合に招かれるという垂涎モノの経験をしている。

 私の小学生時代、近所には巨人の野球帽しか売っていなかった。マークを引っ剥がし、祖母に無理を言ってのアップリケを作らせ縫い付けてもらった。そいつを被って三角ベースに興じる‥‥。スケールこそ違え、オカダとマスダ、二人の想いは半世紀以上も前からシンクロしている。

 93年、阪神を自由契約となりオリックスへ移籍した際も、岡田は涙ながらに語った。

「これからも、ずっと阪神ファンであり続ける」

 その後、一徹な阪神主義者が歩んだ有為転変は御存知のとおり。だが指導者、評論家時代も唯虎史観はブレない。異形のファンたる私も脱帽せざるを得ない。

 今季の快進撃は、そんな岡田の采配の賜物だ。それなのに、今夜も念を送れば阪神は窮地に陥る。

 そうなると、胸中を得体の知れぬ暗雲が立ち込める。このチームは下駄を履くまで安心できない。ネット民は15年前の13ゲーム差をひっくり返された悪夢をあげつらう。だが、そんなもん阪神の所業悪行の一端でしかない。62、64年の優勝はギリギリまでもつれている。73年に至っては最終戦で巨人に大敗、ペナントを持っていかれた。

「いやいや、しょーむないこと思い出さんでええ」

 岡田なら「お~ん」と唇を尖らせるだろう。監督、申し訳ない——ところが、謝った尻からまた妙なモヤモヤが。

 委細は次回!

増田晶文(ますだまさふみ・作家):昭和35(1960)年大阪生まれ。今月、時代小説「楠木正成 河内熱風録」(草思社)を上梓。

*資料・文献は最終回に掲載します

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男