芸能

「インスタグラム400万人」突破なのに平野紫耀のテレビCMが消えた舞台裏

 今も勢いが止まらない。今年5月にジャニーズ事務所を退所し、7月からインスタグラムを開始した平野紫耀のインスタグラム読者が、9月11日時点で401万人を突破した。平野が新規投稿をアップすると、たちまち2万人がコメントを書き込む。中には中傷もあるが、良くも悪くも空中分解したキンプリファンにいまだ注目されている証左だろう。

「しかも企業や広告代理店に影響力のあるZ世代のファンが多いのが、平野の強みです」

 そう話す広告代理店関係者によれば、ファンにとある「異変」が起きているという。

「ジャニーズ事務所の性加害会見後、King & Princeファンたる『ティアラ』達の怒りと不満が爆発しています。彼女達は平野、岸優太、神宮寺勇太の脱退とジャニーズ事務所からの退所発表後、レーベルを買い支えた。昨年11月に発売された『ツキヨミ/彩り』はユニット初の100万枚超えを達成し、ファーストシングル『シンデレラガール』も発売から5年をかけてミリオンヒットとなりました。ティアラは東山紀之や井ノ原快彦らによる9月7日の会見後に『藤島ジュリー景子前社長やイノッチがキンプリの5人に誠実に対応していれば、分裂も退所もなかった。藤島前社長はもっと早く辞めるべきだった』と、なおも株主と代表取締役として残る『戦犯』に対し、怨嗟の声を発信しています」

 しかも最悪のタイミングで「平野切り」をした商品ブランドがある。

「これまでP&G社の『ファブリーズCM』には、平野を起用してきました。平野がジャニーズを辞めてからも、CMを放送してきたため『さすが外資系はジャニーズ事務所に忖度しない』と好意的に受け止められていた。なのに8月25日になって、なにわ男子の道枝駿佑に交代。元検事総長らによる性加害の再発防止特別チームが『ジャニーズ事務所の性加害』を認めた会見の4日前です。平野から現キンプリの永瀬廉、高橋海人に代わるならティアラも納得したでしょうが、藤島前社長のお気に入りとされる道枝にスイッチしたのですから、ティアラの怒りに油を注ぐことになりました」(前出・広告代理店関係者)

 菊池風磨と生田斗真が出演するP&G社の「アリエール」CMは、コミカルな演技の評判がいいという。唯一無二の商品の顔になり、菊池と生田のオーラと努力あってこそ、商品の知名度も上がった。

 右へ倣えでジャニーズ所属タレントを一斉に「切る」必要はない。だがそれは、別商品の顔だった辞めジャニの平野にも同じことが言えるのだ。

(那須優子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」