スポーツ

岡田阪神「モヤモヤ狂騒曲」(3)「いつから、こんなに阪神ファンが増えたんだ?」

 9月に入り、一度消滅した優勝マジック「18」を再点灯させた岡田阪神。7日にはその数を「12」にまで減らし、8日からの2位・広島との直接対決の結果次第では、18年ぶりのリーグ制覇に大きく近づくことになるが、ファン歴50年以上の作家・増田晶文氏のモヤモヤは解消されず。

 虎党が甲子園球場を埋めつくす。ビジターでの盛り上がりも凄まじい。

 東京ドームに横浜、神宮。私は定席の一塁側外野席最上段からタイガースを???激励、横目で三塁側の阪神ファンをみやる。

 ヒッティングマーチに六甲おろし。拍手に歓声、ときに悲鳴たまに怒号が混じる。とはいえ、総じて明るく愉しい老若男女の応援ぶり。私は月桂冠ニューカップをぐびり、酔うほどにモヤモヤが湧いてくる。

「いつから、こんなに阪神ファンが増えたんだ?」

 私が頻繁に甲子園へ赴いた大学生時代、80年頃は巨人戦以外ガラガラ。20時それとも5回だったか、途中から入場料が安くなったことも覚えている。ぺんぺん草しか生えない原っぱみたいなスタンドから、投球練習中の工藤一彦に、

「えらい手投げやな」

 本人に聞こえてしまい、ギロリと睨まれた。

 今や阪神戦の入場券はプラチナチケット。TBS(6月19日放送)によれば、今年の平均観客数は4万1065人で日本一、世界でもメジャーを押しのけ2位というから凄まじい。最終的にどんな数字を残すのか、岡田彰布監督の好采配で優勝でもしたら(するに決まっているのだが)トップのドジャースを抜くかもしれない。

 増殖を続ける阪神ファン。しかし、彼らと連帯する気になれない。やっぱり、どこかが違う‥‥。

 私にとって、阪神は大阪そのものだった。生まれもってのヘソ&ツムジ曲がり、長じて根性もネジれた私は、権力や権威を前にすると反抗的になる。偉そうにしているヤツは大嫌い。

 少年時代、ONを擁する讀賣巨人軍が連続して日本一に輝いておった。巨人、大鵬、卵焼き。私にはまったく面白くない。

 足下をみやれば大阪には四つも球団があった。とはいえ阪急、南海、近鉄は日本シリーズでしか巨人と対戦できない。ちなみに実家は近鉄沿線の布施。ところがバファローズはボロカスに弱く優勝に縁遠かった。

「よし、やっぱし阪神や」

〝巨人=東京〟は大阪人の共通認識、大阪にとって東京こそ最大のライバルであり、眼の上のタンコブ。大阪優位を強調する余り、「天下の台所」「東洋のマンチェスター」なんて大昔の栄光を口にする大人が大勢いた。そこに70年の万国博覧会がカンフル剤となり、「東京ナニするモノぞ」の気概のみ空回りしていた。

「うん、阪神しかないわ」

増田晶文(ますだまさふみ・作家):昭和35(1960)年大阪生まれ。最新刊に時代小説「楠木正成 河内熱風録」。吉本関係の著作として「吉本興業の正体」(ともに草思社)がある。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え