芸能

追悼立川談志「反骨の美学」と「喧嘩人生」(3) 「笑点」の大喜利を考案した

 そんなプロデューサー談志の一面が遺憾なく発揮されたのが、現在でも平均視聴率が 20%を超えるモンスター番組として知られる、「笑点」(日本テレビ系)での初代司会者としての活躍だろう。
 前出・木久扇師匠が語る。
「談志さんがよく言ってたのが『落語っていうのは相手に伝えるまで時間がかかる』ってんで『笑点』の大喜利になったんですね。3分で落語の笑いを伝えるという。座布団の形式も談志さんが考えたんですよ。
『座布団1枚っ!』って。その形のまま45年ですからね」
 落語に造詣の深いライターの浜美雪氏はこう語る。
「才能がはじけるような若き日の高座から比類ない芸と鋭い洞察力に裏打ちされた近年の融通無碍な高座まで、心をわしづかみにする名演がCDやDVDに数々遺されていても、亡くなった事実を実感するにつれ募るのは『今日の談志が聴きたい』。なのに『That's aPlenty(もう満足)』に送られて旅立つなんて、師匠、ステキすぎます。みごとな人生に脱帽です」
 まさに、時代の寵児として75年の生涯を駆け抜けた談志。毒蝮氏は「傑出した生き様」に対する称賛を惜しまない。
「よく『惜しい人を亡くした』なんて言うけど、立川談志は1人でいいよ。冗談じゃない。あんなやつ、たくさんいたら恐ろしいよ。1人でたくさんだよ。弟子はみんな違うもん、あいつと。いいところを取ってるから‥‥。だから最後の闘病生活の8カ月っていうのはホントに(本名の)『松岡克由』として家族と過ごしていたんじゃないの? その反骨精神を見せない、普通の彼だったんじゃないかな。とってもいい印象で家族は見守ったんじゃないかな。そう思いますよ」
 不世出の落語界の風雲児は、多くの弟子と落語を遺して旅立った‥‥合掌。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由