芸能

橋本マナミ 愛人系グラドルがTVで明かした“経験人数”

20141120c

「今いちばん愛人にしたい女」と呼ばれ、グラビア界からテレビにも本格進出して、芸能界に旋風を巻き起こしている橋本マナミ(30)。その芸歴は実に17年。遅咲きでついにブレイクした美熟グラドルの素顔を探ると──。

「男性経験は何人ですか?」

 くりぃむしちゅーの有田哲平(43)に質問されると、椅子から立ち上がる橋本。

 そのまま、胸元がざっくりと開いた紫色のワンピースからのぞく深いGカップの谷間をプルプル揺らしながら、カメラ前を横切っていく。やがて、アルファベットと数字が並べられたボードの前で立ち止まり、はにかんだ笑顔を見せると、「L」の文字を手に取り、「Answer」と書かれたボードの下に置いた。

「これはなぞなぞです」

 橋本が出演者たちに向かって言うと、チュートリアルの徳井義実(39)が、

「アルファベットの12番目の文字だから、12人!」

 と答える。

 橋本が恥ずかしそうに小さな声で「正解」と暴露すると、スタジオは笑いと拍手で包まれた──。

 これは11月3日放送のバラエティ番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)に橋本がゲストとして出演した時の一場面だ。

 橋本は「際どい質問もこれなら安心保障 イニシャル007」という企画コーナーで、口説かれた男性について赤裸々に告白していく。「有名人に口説かれた人数」を聞かれると、橋本は数字の「8」を置く。スタジオがザワつく中、出演者たちからやつぎばやにその有名人の詳細を質問されると、「S」「G」「MF」と並べ、「サッカーのガンバ大阪のミッドフィルダー」を示唆し、「ホテルの部屋取っているから一緒に行こうよ」という、口説かれた時のセリフまで答えたのだ。

 そんな橋本のプライベートの魅力について、何度も彼女を撮ってきたカメラマンの野澤亘伸氏が語る。

「美形でイイ女なのに、ふだんからすごい謙虚。一歩引いた色気があるため、『自分でも相手にしてもらえるんじゃないか』と幻想を抱かせる。だから、男が群がってくるんです」

 今年になってテレビで観る機会が増えてきた橋本だが、前述のように芸歴は17年。中学1年の時に「第7回全日本国民的美少女コンテスト」で演技部門賞を受賞。高校2年まで出身地の山形から通いながら芸能活動をしていたが、太りやすい体質で60キロ近くもあり、事務所からは「仕事が入らない」と言われ続けていた。

「実は、高校生にしては老け顔に見られて、グラビアでは新鮮さがなかったんです。それでも27歳になって、顔が年相応になり、さらにもともと持っていた色気も手伝って、大胆に肌を露出させたグラビアの写真などが話題になっていった。壇蜜人気が落ち着いている今、追い抜きそうな勢いです」(スポーツ紙記者)

 交遊関係では、とあるセクシータレントと仲がよく、「濃厚な作品を見ながら色気を磨いている」(ベテラン芸能記者)というだけに、それがフェロモンの秘密なのか。

「彼女は明るい酒飲み。テキーラでも日本酒でもガンガン飲めて、酔うと目や口元が艶のある感じになるんです。だから撮影中に飲んでもらって撮ったこともありますよ。打ち上げでもボディタッチこそしてこないのですが、体を寄せて話してくる感じもする。隣で飲んでいる男は『自分にホレている』と勘違いしてしまうでしょうね。一緒に飲みたいタレントNO1ですよ」(前出・野澤氏)

 ブレイクの勢いのまま、一気に完脱ぎショットまで披露してほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」