エンタメ

【論争】「クリームシチュー」をご飯に「かける」「かけない」圧倒的に多いのは?

 朝晩はすっかり冷え込む季節に入り、これから冬へ向けあったかメニューの定番といえば「クリームシチュー」だろう。

 そのクリームシチューといえば、ご飯にかけるかかけないかが長年議論が続く決着のつかないテーマとなっているが、ハウス食品が実施した全国調査によると、クリームシチューをご飯にかける人は「約3割」と少数派という。

「ハウス食品が今年2月1日~7日にかけ、各都道府県別に10代~60代男女の計8460人にクリームシチューに関するアンケート調査を実施しました。結果、クリームシチューと一緒に食べるのは『ご飯派』が66.4%で、『パン派』の21.5%を圧倒。しかしクリームシチューを『かける派』は32%と、『分ける派』の68%を大きく下回っています。なお『かける派』が多いのは沖縄県の61.7%、青森県の49.6%、東京都の48.5%の順に続き、若い世代の方がかける派の方が多く、年代が上がるにつれて『分ける派』が増える傾向にあるといいます」(フードライター)

 ちなみに、ハウス食品が同様の調査を2017年に実施した際には「分ける派」が58%、「かける派」が42%と拮抗しており、「かける派」がこの6年で10ポイントも減少している。

 22年3月には「ご飯にクリームシチューをかけたら『育ちが分かるな』って言われた」といった内容の投稿がSNSで大きな話題になるなど、《シチューをご飯にかけるのはマナー違反》《クリームシチューってほぼ牛乳だし、それをご飯にかけるのはあり得ない》といった声も根強く、かける派を離脱した人も少なくないようだ。

「クリームシチューは洋食だと思っている人も多いと思いますが、日本生まれの日本食です。戦後、子どもたちに栄養のある食事を与えようと開発されたのが具材を脱脂粉乳で煮込んだ『白シチュー』で、これが当時の子どもたちに大人気だったことから、簡単に家庭で作れるようにと1996年、ハウス食品が『シチューミクス』を発売。幅広い世代にクリームシチューが食べられるようになりました。つまりクリームシチューの歴史はそこまで古くはなく、そこまで人の目を気にする必要はないと思いますよ」(前出・フードライター)

 そもそも、クリームシチューのパイオニアであるハウス食品は2017年からご飯にかける専用シチューである「シチューオンライス」を発売している。クリームシチューをご飯にかけることで「育ちがわかる」ということはないのだ。

(小林洋三)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し