政治

ハマスのイスラエル攻撃に「黒幕はプーチン説」2つの根拠

 パレスチナ自治区のガザ地区を実効支配するイスラム組織「ハマス」によるイスラエルへの電撃攻撃で、イスラエルは少なくとも1200人の死者を出し、そのほか100人近い人質も取られる未曽有の大惨事となった。

 怒ったイスラエルはガザ地区への報復攻撃で双方の死者は日々上積みの一途。まさに無限ループの戦争に突入しつつある。

 それにしても、今回のハマスの類を見ない大規模攻撃は、なぜこのタイミングで起きたのか。軍事専門家などの間では、背後でイランと一体でロシアがかかわった可能性を指摘する声が圧倒的だ。

 軍事アナリストはこう指摘する。

「ロシアのプーチン大統領の側近、ラブロフ外相とハマス幹部が昨年西側に確認されただけで2度、ロシア国内で直接会っている。非公式でのコンタクトも十分に考えられ、関係は密だったと推測される。そうした中、1年以上かけてイスラエル侵攻の策を練っていたという説が有力です。理由は何なのか。ウクライナ侵攻が長引くロシアにとって、最大のネックは欧米によるウクライナへの武器や資金提供。その欧米の力を何とかして削ぎたいわけです」

 ハマスがイスラエルを攻撃すれば、親イスラエルのアメリカはそちらに資金や軍事力を注がざるをえない。これでウクライナへの支援が減速し、ウクライナ攻略がやりやすくなるというシナリオだ。

 軍事アナリストは、その証拠として次の2点をあげる。

「一つはロシアのラブロフの談話。ラブロフはハマス攻撃後の記者会見で、アメリカがイスラエルとハマスの紛争に重きを置きウクライナへの武器供与が鈍れば、プーチン大統領の目的は『より早く達成される』という大胆な発言をしていますからね」

 2つ目はハマスの「攻撃手法」だという。

「今回、ハマスは強固なイスラエルの防空システム『アイアンドーム』を破るため、同時に何十、何百のロケット弾を発射し成功させている。同時にイスラエルとの境界のフェンス約80カ所を破って1000人前後の戦闘員が一気になだれこみ、軍基地や農村共同体や集落を襲い殺戮を繰り返した。ロシア軍が昨年、ウクライナ侵攻時にキーウ近郊ブチャで民間人400人以上を殺害した残虐行為と重なる点が多い」(前出・軍事アナリスト)

 いずれにしても今後、ロシアがこの中東戦争にどうかかわってくるのかに注目だ。

(田村建光)

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」