スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「良血馬ファントムシーフ本命」

 三冠レースの最終関門、菊花賞が今週のメイン。3年ぶりに京都に戻っての大一番。新装なった古巣で、どんなスタミナを競う一戦が展開されるのか興味は尽きない。

 今年はフルゲート(18頭)に満たないものの、新たな淀の競馬場を祝うかのように、顔ぶれが豪華だ。

 最有力候補は皐月賞を勝ち、ダービー2着惜敗のソールオリエンスか。秋初戦となったセントライト記念では2着に敗れたが、4カ月ぶりの実戦だったことを思えば上々の内容だった。菊花賞馬となったキタサンブラック産駒で、母系もスタミナ豊富な血筋。使われての変わり身は大いに期待してよさそうにみえる。

 さらに、神戸新聞杯を目の覚めるような差し脚で制し、有力候補に躍り出たサトノグランツは、やはり菊花賞馬サトノダイヤモンドの子。距離延長は望むところで、これまたどんな競馬をみせるのか目が離せない。

 むろん、ダービー馬タスティエーラも争覇圏。そのダービー以来となるが、スタミナに不安がない血統馬である。

 この〝3強〟がデンと構えているだけではなく、スキあらば‥‥の伏兵陣も多彩で、いずれの馬が菊の大輪を咲かせても不思議はない。スタミナ豊かな顔ぶれによる一戦で、馬券的にもかなりおもしろいGⅠ戦と言っていいだろう。

 まずは過去のデータを見てみよう。02年に馬単が導入されて以降、これまでの21年間、その馬単による万馬券は7回(馬連は4回)。この間、1番人気馬は7勝(2着1回)、2番人気馬は1勝(2着4回)。1、2番人気馬によるワンツー決着は1回のみだ。

 前哨戦の神戸新聞杯が2400メートルに延びた07年以降は、馬単万馬券が3回と少なくなってはいるが、人気馬が順当に上位を占めることは少ない。波乱含みの一戦だけに、前記した人気馬3頭の上位独占という結果は、期待しないほうがいいのかもしれない。

 いずれにしても簡単ではないことは確かで、むろん穴党としては、人気馬3頭を本命視するわけにはいかない。最も狙ってみたいのは、ファントムシーフだ。

 前走の神戸新聞杯は逃げの手に出て、厳しい流れを作りながら僅差3着。ダービー(8着)依頼、4ヵ月ぶりの実戦だったことがを思うと、評価できる好内容だった。

 しかも、久々で体重が12キロ増。陣営は「成長分」と見ており、それは納得できるものの、少し体に余裕があったことも確か。というわけで、今回は上がり目を十分見込んでいい。

 実際、この中間は稽古で軽快な動きを披露。張りがある好馬体で雰囲気が実によかった。

 厩舎スタッフも「反動はなく、この中間は思惑どおりにいい感じできている。このぶんなら楽しみです」と口をそろえており、大いに期待していいだろう。「折り合いに不安はない」(西村調教師)ばかりか、血統(母系)がまたいい。

 祖母は愛GⅠプリティポリーSの勝ち馬で、5代母が英GⅠチヴァリーパークSの覇者。欧州の一流血脈の出であることが実に魅力だ。さらに父は長丁場を得意としたハービンジャー。大きく狙ってみたい。

 一発があるとすれば、ナイトインロンドンだ。

 神戸新聞杯は11着に敗れたが、関西までの長距離輸送にもかかわらず体重は6キロ増。少し体に余裕があり、折り合いを欠く場面も見られた。しかしこの中間は大幅に良化している。

 父グレーターロンドンはマイラーのイメージが強いが、母の父は菊花賞、天皇賞・春を制したメジロマックイーン。4代母も天皇賞・春を勝った女傑クリヒデ。スタミナはドンとこいのクチだけに要注意だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】