スポーツ

【全国高校サッカー】県予選決勝でまた青森山田がレベチ圧勝のありえない事態

 11月5日行われた全国高校サッカー選手権(12月28日~1月8日)の青森県予選決勝は、前回覇者の青森山田が「9-0」で八戸学院野辺地西に圧勝した。

 7年連続で同じ顔合わせとなった決勝戦だが、青森山田は前半だけで7得点を決めるなど圧倒的な実力を見せ、終わってみれば完勝。八戸学院の選手権出場の夢を木っ端みじん打ち砕き、27年連続29度目の全国切符を手にした。

 今大会で青森山田は「スーパーシード」として準決勝から登場し、八戸工大一をいきなり「11-0」で撃破している。異次元の強さと言っても過言ではないが、サッカーファンの心情は複雑なようで、ネット上では「八戸学院がまるで子供扱い」「青森は枠を1つ増やすべき」「もはや高校サッカーではない」という声が続出している。

 スポーツライターが語る。

「青森山田は毎年、全国のトップ選手を集めてチームを編成する、いわば『プロ養成学校』。そのため青森出身以外の有能な選手がズラリ顔を揃えるチームには毎年批判の声が出ているわけですが、27年連続となると高校野球でもありえない。このような状況が続く限り、青森のサッカー熱はどんどん冷めていくでしょうね」

 そもそも、県内リーグは青森山田の3軍が首位、東北リーグでは2軍が首位というのだから、一般の県立高校が立ち向かうのは最初から無理があるのも確か。しかも初戦から必死に勝ち上がってきた高校を相手に2回勝てば優勝なのだから、他校にしてみればヤル気が失せるというものだ。

(ケン高田) 

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
2
【こりゃ何だ!?】空から羊・熊・鹿の肉が大量に降ってきた!「ファフロツキーズ現象」の研究結果
3
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
4
新庄剛志監督から「仰天指令」が出る!オールスター出場に怯える日本ハムナインのボヤキ
5
新庄剛志と日本ハムが去って「札幌ドーム」は火の車に!3時間で赤字が1億円超も増える「悪夢」