社会

財務省が「医者は儲けすぎ」主張で医師会の「湿布や保湿剤の老人バラマキをやめる」は実現するのか

 腰痛持ちのサラリーマンにとって、老人サロンと化した整形外科の待合室は苦行の場だ。「自転車飛ばしてきた」「午後は血圧の薬もらいに行く」とお喋りに夢中になり、2時間も3時間も待合室の椅子に座り続けてケロッとしている高齢患者を見ていると、これで整形外科に湿布をもらいにくる必要があるのか、と。腰の痛みに脂汗をかきながら、筆者はいつも疑問に思っている。

 この老人への「クスリばらまき」が見直される…かもしれない。11月30日、東京新聞に東京医師会・尾﨑治夫会長のインタビューが掲載された。そのインタビュー記事中、尾﨑会長は「医療や介護は高齢化で、どんどん需要が伸びる。いま財源を削ったら悲惨なことになる」としながらも「何でも保険でみるというとどんどん医療費は膨張する。もういいかげんに、湿布薬や保湿剤は医療保険から外してはどうか」と、湿布薬のバラマキに待ったをかけたのだ。

 日本医師会の政治団体「日本医師連盟(日医連)」が岸田文雄総理に1400万円、武見敬三厚労相に1100万円を政治献金していたことが明らかになったように、日本医師会は与党最大のロビイスト団体だ。

 日本医師会は、後期高齢者に1割負担の格安料金でバラ撒かれている湿布や保湿剤、かゆみ止めなどを保険診療から外すことに、反対の立場を表明していた。

 医師会の地方組織としては最大の東京都医師会が態度を軟化させたことには、財務省が「日本の開業医は儲けすぎ」と判断した影響もあるだろう。国の予算等の具体的な方針を財務相に提言する諮問機関、財政制度等審議会は11月20日、開業医の経常利益率があまりに高いと指摘。初診料や再診料などを含めた開業医の医療の値段、診療報酬の単価を5.5%引き下げるよう、財務省に要請した。財制審の財政制度分科会会長代理・増田寛也氏は同日、「医療機関は保険料や多額の税金が投入されているため、他の民間企業と同一視できない」と、日本医師会の反論を退けた。

 財務官僚が日本の医者より賢いのは「開業医の利益率が高いのは患者を守るため」という医師会側の建前に対し「それなら開業医が儲からんでもええやろ。開業医は儲からなかったら、これまで必要と主張してきた患者の治療やクスリをやめるんか」と虚を突いてきたことにある。

 1年に2回も値上がりした、我々の健康保険料。「増税クソメガネ」への政治献金や高齢者の湿布代に使い込まれるなら、診療報酬を5%といわず40%くらいゴリゴリに削って、健康保険料を値下げすべきだろう。

(那須優子/医療ジャーナリスト)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」