社会

歌舞伎町で「ホストクラブ売掛制限」でも大阪では野放しなのは「アドトラ」問題があるから

 新宿・歌舞伎町のホストクラブが、ついに「観念」した。借金返済のための立ちんぼ女性を生み、傷害事件にまで発展した売掛システムにメスが入るのだ。

 12月5日に方針を示したのは、20歳未満の入店禁止のほか、売掛をホストと女性の個人間でなく店舗管理とすること。女性客に高額な借金を背負わせ、性サービス店で働かせる悪質ホスト問題が社会問題化している中、これは解決策となるのだろうか。

 新宿では売掛が禁止になる方向だが、ホストクラブは全国至る地域にある。11月22日、大阪府警は営業実態の把握やトラブル防止のための指導を目的とした一斉立ち入りを実施するため、大阪市北区、中央区のホストクラブを回った。

 大阪では今のところ、ホストクラブの売掛が禁止になるメドは立っていない。これに対し、

「表立ってはいないけど、大阪にも悪質ホストはいる」

 と語るのは、ミナミのホストクラブに勤務する30代男性だ。

「売掛は飛んでしまうリスクがあるため、僕は(客に)させていないのですが、若いホストの中には無理して高額な売掛で売り上げを作る者も多いです。売掛をさせた客の大半には、梅田の路上での立ちんぼを促して返済させる…なんて話も聞きますね」

 昨今、歌舞伎町の大久保公園同様に問題となっているのが、大阪・梅田の兎我野町にある「アメリカン通り」や、ミナミの路上で客を引く立ちんぼ達だ。8月以降、大阪府警はこの立ちんぼの一斉摘発を続けているが、逮捕されたほとんどの女性たちが「ホストの売掛を返済するため」と話している。つまりは、

「見栄のために売り上げを作っているホストが多い」

 と、先のホスト勤務男性は言うのだ。その理由には、東京では最近見かけなくなった「あるもの」が関係しているという。ミナミのホストが続ける。

「都内では今年4月に、アドトラこと広告トラックが規制されました。大阪はまだ規制されていないので、ミナミや梅田の街中で走っているのをよく見かけます。アドトラに『売り上げ年間〇億円』と書いてあると、ホストにとっていい宣伝になるんですよね。そのために、無理してでも売り上げを作るホストは少なくはありません。大阪でも売掛を禁止するのであれば、まずは都内同様に、アドトラの規制から始めるべきだと思います」

 悪質ホストを根絶やしにするためには、まずはホストの見栄という根本から絶たないといけないようだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談