スポーツ

「異常だ!」大谷翔平のドジャース厳戒態勢に米メディアがイラ立つ「活躍しなければ即バッシング」

 米大リーグ(MLB)のドジャースが12月11日(日本時間12日)、大谷翔平との10年契約を正式に発表。背番号はエンゼルス時代と同じ17番に決まり、入団会見は現地時間で14日15時(日本時間15日午前8時)となる予定だ。

 実は大谷の「生の声」は現地米国でも滅多に聞けない。今季は肘の故障もあり、8月9日以来、公の場での発信はしばらく皆無で、MVP受賞でようやく公式ネットワーク番組に出演したものの、受賞者恒例の電話会見は中止された。

 エンゼルス時代も日米の大谷担当記者にとって生の声をとるのは至難の業で、取材泣かせの選手だった。MLB担当記者によれば、

「通常、記者は試合開始の4~5時間前に球場に向かい、取材証さえあればロッカールームの入室は可能で、そこで直接選手から話を聞ける。ただ、大谷の取材については別なんです」

 日本人記者が常時20人以上と、現地記者を合わせれば連日50人にちかくのメディア関係者が大谷に集中したため、

「日本人記者はロッカーに入れず、大谷が出場する試合後にまず現地記者が10分、そのあと日本人記者が話を聞くというスタイルになりました。そのためエンゼルス時代は、その日の試合のことしか聞くことができなかったんです」(前出・MLB担当記者)

 また今年世界一を奪取したWBC日本代表では、選手全員が通過するミックスゾーンでの取材形式がとられたが「大谷への取材は全くできなかった」(WBC担当記者)という。

 今回のドジャース移籍についても、徹底した報道管制が敷かれたことで米国人記者の中からは「異常だ!」とブーイングも出たほど。

「この状態で来季、もし活躍できないようなことがあれば、当然、現地記者から厳しい目が向けられ、即バッシングになりますよ」(前出・MLB担当記者)

 大谷が来年から10年間在籍するドジャースは超名門球団だけに、これまで以上に取材合戦が過熱するのは必至。

「移籍すれば取材方法も変わる可能性もありますが、これもすべては大谷の腹一つでしょうね」(前出・MLB担当記者)

 来季の大谷は、これまで以上に野球以外の部分で神経を使いそうだ。

(小田龍司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」