芸能

長谷川理恵が破局後に暴露した神田正輝との濃密生活「妊娠検査薬を買いだめして…」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 26年にわたってMCを務める「朝だ!生です旅サラダ」(朝日放送)を、「体のメンテナンス」を理由に5週連続の欠席。健康不安説が囁かれる神田正輝だが、若い頃は本当に精悍なナイスガイだった。以前にも触れたが、筆者は週刊誌の芸能記者時代、3年ほど松田聖子を担当していたことがあり、神田には幾度となく話を聞きに行く機会があった。といっても、むろんネタは「スキャンダル」。なので、大半は直撃だったが、いかなる時も声を荒らげることなく、紳士的に対応する彼の姿勢に「大人の男」を感じていた。

 だからこそ2010年5月、彼が司会を務める同番組に長谷川理恵がゲスト出演し、その後に交際が発覚した際には、余計なお世話ながら「今度こそお幸せに」と思ったものである。

 ところが、付き合って1年。結婚秒読みといわれた2人に、突然の破局が訪れる。2012年のバレンタインデーに長谷川が突然、公式ブログにこう綴ったのである。

〈ご報告です。新たな一歩を踏み出す決意をしました。私は、約1年間プロポーズを信じて待っていました。でも、残念ながら願いはかないませんでした。(中略)行き先が見えないまま、このままずっと待つことは辛く、このようなけじめをつけることにしました〉

 つまり煮え切らない神田に彼女から三下り半を突き付けた、というわけなのだが、実はこの破局劇、これで終わりではなかった。2カ月後の4月26日、長谷川に新たな恋人が存在し、しかも「すでに妊娠している」と「女性セブン」報じたから大変。二股疑惑が浮上したのである。

 雑誌掲載の前日、石原プロが北海道小樽市にオープンした「おもしろ撮影館」オープニングセレモニーに出席した神田のもとには、芸能マスコミが殺到。すると舘ひろしが、

「神田に春は来ませんでした。小樽の光です」

 と「蛍の光」に引っかけて口火を切る。当の神田は苦笑いで、

「舘が花火を打ち上げて、ひとりで引っかき回して終わりました」

 ただ、長谷川の妊娠については、

「ビックリするね。1、2、3月は全然会ってない。俺じゃないよ」

 最後は「季節はめぐる。また春が来ますよ」と慰める渡哲也に「ありがとうございます」と頭を下げ、会見は和やかに終了することに。

 いや、実はこの騒動は、もうひと山あったのだ。この年の6月、現在の夫と入籍し、米オレゴン州で挙式した長谷川がそれに合わせるように「願力 愛を叶える心」(マガジンハウス)なる自叙伝を発売。そこには実名こそ伏せられているものの、濃密だった頃の神田と長谷川の関係が、赤裸々に綴られていたのである。

〈交際を始めてしばらくすると、彼も私が期待してしまうような言葉をたくさん口にしてくれた〉

〈私は毎月、妊娠検査をしていたし、検査薬もたくさん買いだめしていた〉

 石原プロ関係者はこう言った。

「立つ鳥後を濁さず、というけど、さすがにあれはヒドイよ。正輝の名前を利用しただけなのかなぁ」

 神田は現在も独身を貫き通しているが、ともあれ、一日も早い復帰を願いたい。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
4
キャンプ地で阪神のハッピを着て歩き回り…大阪テレビ局にセ・リーグ球団から大ブーイング
5
新たな火ダネに…ソフトバンク・山川穂高が逆転弾で見せた「どすこいポーズ」の嫌悪感