スポーツ

下柳剛が「鬼に金棒」太鼓判を押した来季阪神の「新・鉄壁リリーフ陣」

 阪神OBの下柳剛氏が、自身のYouTubeチャンネルで来季の阪神の外国人選手2人とリリーフ陣について語っていた。

 来季、阪神打線の心配なところを聞かれた下柳氏は「ケガだけが怖い。あとは、あまり心配はしておりません」と断言。

 今季打率2割4分で9本塁打に終わったノイジーは覚醒するかとの問いには、

「(今季は)最初出だしそこそこ打って、打たなくなって、後半またそこそこ打ち出したんで、調子が悪くなったときの日本での戻し方をある程度理解したと思う。今年みたいな調子の悪い幅が広がる可能性は低い」

 とし「覚醒」までとは言えないものの打率2割8分、本塁打20近くを期待しているとした。また新加入のハビー・ゲラ投手については、

「もともと内野手だったみたいで肩も目減りしていないし、投球も見たけど、めっちゃ速い。フォアボールで自滅って形にならなかったら、そこそこ活躍すると思う。日本人で球速160キロ超えを打ち返せるのは、そうそうできることじゃない。抑えとしてハマってくれることを祈ります」

 としつつ、そのゲラを試しながら、ダメであれば岩崎優か湯浅京己という形になるが、

「彼(ゲラ)がもしハマって岩崎くんが前に来てという話になれば、より強固なリリーフ陣ができるので、来年の阪神もまた強いのではないでしょうか。島本(浩也)くん、桐敷(拓馬)くんがシーズン後半から出てきて、それもハマってくれて、それに湯浅くん、岩崎くんが後ろに入ってくれたら、ほぼ怖いものなし。鬼に金棒状態」

 と語っていた。今季38年ぶりに日本一になった阪神では投手陣の活躍が目立ち、チーム防御率2.26はセ・リーグ唯一の2点台だった。来季、さらに投手陣の厚みが増せば、「アレンパ」も夢ではない!?

(鈴木十朗)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
2
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」