芸能

追悼・菅原文太 民族派烈士“野村秋介”との濃密な関係(3)文太と野村氏の共通項とは?

20141218b3rd

 ともあれ、出会ったとき、文太は57歳、野村は55歳、年齢が近いこともあって2人はたちまち意気投合し、親交を深め友情を結んでいく。

 つねづね野村が口にしていたのは、

「男の友情につきあいの長短は関係なし。10年20年とつきあっても赤の他人は赤の他人のまま。一生つきあえる真の友というのは、邂逅という一瞬の魂の触れあいで巡りあえるものなのだ」

 というもので、文太の思いも同様であったろう。

 平成3年6月に「撃てばかげろう」が東映系で封切られ、その翌平成4年6月には、野村は政治団体「風の会」を結成し、夏の参院選比例区への出馬を表明。文太も「風の会」の推薦人として名を連ねたことは前述した通りだ。

 ただ、晩年の文太の「反戦・反原発・護憲」運動にコミットした言動を見ても明らかなように、2人が思想的立場を異にするのは厳とした事実であった。文太もそのあたりのことは野村に念を押したうえでの交流であり、「風の会」の推薦人承諾であったという。

 もっとも野村にしても、そんなことは少しも意に介するタイプではなく、むしろ彼には明らかに思想的立場の違う竹中労や大島渚、中上健次、筑紫哲也、遠藤誠といった友人も多かった。

 文太が野村秋介に魅かれたのは、野村の闘いに次ぐ闘いの生涯を通じて一貫して変わらぬ権力・体制に対するアンチテーゼ、常に弱者の側に立つという姿勢であった。それはまさに2人の共通項であったろう。

「野村さんとの共通点と言えば、青春時代を戦中、戦後で過ごしたオレらの世代は、みんな怨念を持って生きているんだろうね。いまから思えば、亡くなる1年くらい前から、言葉の端々に自刃する気配があったような気がするね」

 と、後年、文太は述べている。

 選挙運動期間中、週刊朝日で「風の会」が「虱の党」とヤユされたことに端を発して、野村は朝日新聞社に代表される「第三の権力」マスコミとの闘いを、自身の最後の闘いとして決断。

 平成5年夏、出獄10周年記念としての自らの戦闘記録である「ドキュメント風と拳銃──野村秋介の荒野」というビデオの製作に全面協力しリリースしたのも、すでに自決の覚悟を決めていたからであろう。

 同ビデオには文太も特別出演し、

「野村さんはどういう人かって‥‥ひと言で言って、ミラーボールのような人とも言えるかな。いろんな人に対して、いろんな変化に富んだ光を照射していくというのかな‥‥それを強く感じるね」

 とコメントし、野村をして、「やっぱり文ちゃんはわかってるなあ」と喜ばせた。

 わずか3年強に過ぎなかった文太と野村の交流。だが、それは何にも増して濃密な時間となり、熱い魂の触れあいとなったようだ。

◆作家・山平重樹

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!