芸能

山本高広「『キター!』がいちばんウケた」/テリー伊藤対談(2)

テリー もともとはモノマネ芸人じゃなくて、声優になりたかったんでしょう?

山本 そうですね。それで福岡から東京に出てきて、声優学校に入りました。

テリー 誰か好きな声優がいたの?

山本 いや、誰っていうより作品だったんですけど。子供の頃によく海外ドラマの「特攻野郎Aチーム」とか「ナイトライダー」が再放送されていて。そういうのを見てると特徴ある吹替の方が多かったんですよね、昔は。それをすごく格好いいなと思ったのが始まりですね。

テリー ということは、自分の声に自信があったんだ。

山本 高校生の時とか、よく「お前、いい声してるな」とは言われてました。

テリー じゃあ、ちょっとその気になって上京した。

山本 でも、声優学校では何の実績も残せず、事務所に所属することもできなかったので、じゃあお芝居に行ってみようと思って、劇団に入ったんですけど、それも1年半ぐらいで辞めまして。その時パチンコ屋のバイトをしてたんですけど、「俺、何しに東京に来たんだろう」と思った時に、コージー冨田さんと原口あきまささんがテレビで活躍し始めたんですよ。

テリー タモリさんと(明石家)さんまさんのモノマネだ。

山本 それで「僕、幼少の頃から好きだったモノマネで勝負してみよう」と思って、ワタナベエンターテインメントに連絡して、オーディションを受けましたね。

テリー その時はどんなネタをやったの?

山本 その時はネタなんて言えるものじゃなくて、ただのモノマネです。バラエティー番組に中尾彬さんが出始めた時だったので、中尾さんとか。あと竹中直人さんとか鈴木宗男さん、ケイン(コスギ)さんですかね。織田さんはまだ生まれてなかったですね。

テリー そしたら、オーディションで面白いって言われたの?

山本 いや、面白いというか、「うちにモノマネするヤツいないわ」ってなって、「とりあえずちょっとライブに出てよ」みたいな。でも、舞台に慣れてなかったし、アガッちゃって、全然似てなかったんですよね。

テリー 緊張すると似ないんだ。

山本 そうなんですよね。だから、先輩方によく「全然似てねえじゃん。よくモノマネやってるな」とか言われましたね。それでアガり性を克服しなきゃいけないと思って、モノマネには「ショーパブ」というものがあると。

テリー 都内は多いよね。

山本 それでショーパブに勤め出して、舞台にも慣れ始めて、モノマネもうまくコントロールできるようになって、ライブもチョコチョコ出てたんですけど、そんなには売れず。8年ぐらいやったんですかね。

テリー いわゆる下積みというか。

山本 そうですね。で、とんねるずさんの「細かすぎて伝わらないモノマネ」に出るんですけど、その時に大阪で「世界陸上」をやってたんですよ。それで織田さんのネタ10個以上作ってネタ見せに行ったら、「それでいきましょう」ってなって、ダーンと行きましたね。

テリー 目薬差して「キター!」って言ってましたね。

山本 あれはフジテレビのものまね紅白の本番1時間前ぐらいに思いついたんですよ。頭と真ん中と終わりは自信あります。けど、真ん中より後半の辺りでネタがちょっと薄かったんで「目薬用意できます?」って聞いたら「あるよ」って言うから、「ちょっとネタに入れていいですか」と。そしたら「キター!」がいちばんウケたんです。

テリー 俺、毎日2回目薬差すんですよ。だから今でも毎日2回、山本さんのことを思い出します。

山本 ほんとですか(笑)。いやぁ、でもあの時はビックリしましたね。

ゲスト:山本高広(やまもと・たかひろ)1975年、福岡県生まれ。声優を志して上京し、代々木アニメーション学院に入学。卒業後は劇団員を経て、モノマネ芸人として活動。織田裕二の目薬のCM「キター!」のモノマネでブレイク。ケイン・コスギ、軽部真一、渡部篤郎、高橋克典など次々と独創的なモノマネ芸を作り出す。2010年頃からは声優としても活動中。2月23日(金)、「山本高広とオラキオのリンクリンクトークライブ」をLOFT9 Shibuyaにて開催。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
2
【こりゃ何だ!?】空から羊・熊・鹿の肉が大量に降ってきた!「ファフロツキーズ現象」の研究結果
3
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
4
新庄剛志監督から「仰天指令」が出る!オールスター出場に怯える日本ハムナインのボヤキ
5
新庄剛志と日本ハムが去って「札幌ドーム」は火の車に!3時間で赤字が1億円超も増える「悪夢」