スポーツ

バレーW杯「日本びいき」のトンデモ裏事情

「日本だけどうして試合時間が夕方なんだ!」
 11月28日、福岡で開かれたロンドン五輪の予選を兼ねたW杯バレーボール男子大会で、イランのベラスコ監督や、エジプトのアブエルハッサン主将が国際バレーボール連盟(FIVB)や大会組織委員会を痛烈に批判した。
 日本はほぼ試合時間が午後6時20分に固定されているが、他国は試合時間が不規則なことを問題視したのだ。6日後の大会最終日には、ベラスコ監督は、日本の試合だけテクニカルタイムアウトの時間や、第2、3セット間の休憩時間が長いことについても、
「同意できない。これは五輪予選で、全てのチームが同じ条件でやらないといけない」
 と、厳しい表情で話した。
 スポーツ紙記者が言う。
「日本の試合はテレビ中継していることもあり、ファンに日本チームの姿を見せ、芸能人に歌わせるためには試合時間を夕方に固定し、タイムアウトの時間や休憩時間も長く取る。もちろんこれは他の国にとって不公平と映るが、連盟も暗黙の了解事項。古参の海外バレーボール関係者なら知っていることですよ」
 ちなみに、バレーボールの中継というと決まってジャニーズの新グループが出演。会場には黄色い歓声が響き、バラエティだかスポーツ中継だかわからなくなることもしばしばだった。「さすがに今大会は五輪予選を兼ねていて、派手な歌はやめようとジャニーズの出演はなかった」(前出・スポーツ紙記者)
 スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏が語る。
「そもそもバレーボールは国際的にも人気が凋落しています。発祥国アメリカでも、アメフトやバスケットと違い、フィジカルコンタクトがないため、ファンは少ない。そのため国際大会も開催に手をあげる国がなく、日本で開催することが多い(W杯は77年以降毎年)んです。テレビ中継でバレーだけでは視聴率が上がらずジャニーズグループが出る。テレビ局側は、どのグループを売り出すかをまず協議するそうです」
 それにしてもかつての金メダル獲得がウソのように弱い最近の日本。しかも、見ていておもしろくない。
「バレーとは結局、高さのスポーツ。勝つためには2メートル超の選手をどれだけ集めるかにかかっている。かつて日本は高身長の相手を打ち破るさまざまな攻撃やフォーメーションを編み出しましたが、今やそれを各国もマスターしている。そしてテレビ中継枠に収まるよう、以前はサーブ権を取ったうえで決めて初めて点が入るルールだったのを、サーブ権の有無にかかわらずポイントが加算される『ラリー制』になった。これで、バレーは以前と異質のものとなったんです」(谷口氏)
 公平性を無視した試合運営をしても勝てないほど弱体化した日本バレー。「再興への道のり」は長そうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」