芸能

テリー伊藤対談「水城たま」(3)Hは月に1回もなかった

20141225y3rd

テリー デビューから10年間の恋愛はどうだった?

水樹 すごく地味でした。

テリー どういう男とつきあってたの。

水樹 みんなお金がない方。普通のサラリーマンもいましたけど。

テリー 10年間で、何人とおつきあいしたの?

水樹 3人ぐらい。

テリー おお、健康的な数。最初の人はどういう人?

水樹 フリーターですね。

テリー お金がない人とはどういうデートをするの?

水樹 猫好きなので、近所の公園に野良猫をかまいに行ったり。あとはマン喫。

テリー マンガ喫茶か。

水樹 マン喫に2日間ぐらいこもって、2人でずっとマンガを読んでるんですよ。

テリー マン喫って、個室になってるでしょ? そこでHできるじゃない。

水樹 できないんですよ。壁は薄いし、上は開いてますから、そんなにちゃんとした部屋ではないです。

テリー 自分でとかはできるんじゃないの?

水樹 してる人もいるかもしれないですね。

テリー してあげなかったの?

水樹 だって、マンガを読む時間がもったいないじゃないですか。

テリー もったいなくないよ。俺がたまちゃんの彼氏だったら、マンガ喫茶に入って2分で興奮してるよ。

水樹 当時の彼氏は、本当にそういうのが全然なくて。おじいさんかと思うぐらいだったんですよ。

テリー おじいさん?

水樹 私と2歳ぐらいしか違わないんですけど、すごいかわいい下着を買ってきて「ほらほら、私、これ着るよ」って言っても、チラッと見て終わり。

テリー 変なヤツだな。どのくらいつきあってたの?

水樹 5年くらいです。

テリー なんじゃそれ。

水樹 変なヤツに青春をささげました。

テリー Hはどうだったの。

水樹 私は普通のタイプだと思うんですよね。ノーマルすぎてつまんないのかな。

テリー Hが好きな男はいなかったの?

水樹 いませんでした。みんな、私に興味がなさすぎでしたね。月に1回もなかったんですよ。最近の男子はそうなんですかね?

テリー そんなことないと思うよ。草食系もいるけどスケベ系もいるでしょ。

水樹 そういうタイプに出会ったことがないんです。仕事をしている人は仕事が忙しすぎて、ゆっくりできなかったし。

テリー 何でだろう。美人だし、胸も大きいのに。

水樹 女っぽさがないのかな。家でゲームをやって、のんびりしているほうが好きなんです。お仕事がないと3日に1回ぐらいしか外に出ない。「太陽まぶしいな」って。おいしいものを食べるのが好きなので、御飯を食べには出かけるんですけど(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性