芸能

池松壮亮、ブレイクの裏にあった父親からの「鉄拳教育」

20141126logo

 ドラマ「MOZU」で記憶喪失の殺し屋を演じ、鮮烈な印象を視聴者に植えつけた俳優の池松壮亮が、今月14日、トーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演。過去に2回、父親から激しい暴力を受けたことを明かし、こう語った。

「上に姉がいるんですよ。4人兄弟で、下が弟と妹なんですけど、よく姉ちゃんとケンカしてて。それで姉ちゃんに初めて手を出したときに(父親から)ボコボコにされたのを覚えてますね」

 同席していた石井裕也監督が「2回目は?」と尋ねると、理由は記憶にないとしながらも、

「あとは風呂あがりの父ちゃんにボッコボコに蹴られたのは覚えてるんですよね。裸でブワーッてあがってきて、ビッチョビチョのままボコボコにされて家から出されたんですよね」

 と苦笑した。

 そんな池松だが、今では父親から蹴られた傷痕もなく、その鍛え抜かれたボディで多くの女性ファンの心を掴んでいる。

「今年だけでも『海を感じる時』『紙の月』『愛の渦』と、彼の作品はとにかく過激シーンが多いんです。ツルツルの肌と、適度に鍛えられた筋肉にはいつも見とれてしまいます。特に、男女の愛欲パーティを題材にした主演映画『愛の渦』は、2時間の上映のうち出演者の着衣時間がたった18分しかないと話題となりました。あの映画がヒットしたことで、普段夜の世界に足を踏み入れないタイプの女子が、池松くんのような男子を求め、不健全な社交場に殺到していましたよ」(映画ライター)

 先日放送された「情熱大陸」(TBS系)では「いい役者がなんなのかわかんないけど、いい役者になりたい。いい作品を残したい。いい人間になりたい」と語っていた池松。父親のきちんとしたしつけがあったからこそ、ひたむきさや真摯さを兼ね備えた人間に育ったのだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」