芸能

池松壮亮、ブレイクの裏にあった父親からの「鉄拳教育」

20141126logo

 ドラマ「MOZU」で記憶喪失の殺し屋を演じ、鮮烈な印象を視聴者に植えつけた俳優の池松壮亮が、今月14日、トーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演。過去に2回、父親から激しい暴力を受けたことを明かし、こう語った。

「上に姉がいるんですよ。4人兄弟で、下が弟と妹なんですけど、よく姉ちゃんとケンカしてて。それで姉ちゃんに初めて手を出したときに(父親から)ボコボコにされたのを覚えてますね」

 同席していた石井裕也監督が「2回目は?」と尋ねると、理由は記憶にないとしながらも、

「あとは風呂あがりの父ちゃんにボッコボコに蹴られたのは覚えてるんですよね。裸でブワーッてあがってきて、ビッチョビチョのままボコボコにされて家から出されたんですよね」

 と苦笑した。

 そんな池松だが、今では父親から蹴られた傷痕もなく、その鍛え抜かれたボディで多くの女性ファンの心を掴んでいる。

「今年だけでも『海を感じる時』『紙の月』『愛の渦』と、彼の作品はとにかく過激シーンが多いんです。ツルツルの肌と、適度に鍛えられた筋肉にはいつも見とれてしまいます。特に、男女の愛欲パーティを題材にした主演映画『愛の渦』は、2時間の上映のうち出演者の着衣時間がたった18分しかないと話題となりました。あの映画がヒットしたことで、普段夜の世界に足を踏み入れないタイプの女子が、池松くんのような男子を求め、不健全な社交場に殺到していましたよ」(映画ライター)

 先日放送された「情熱大陸」(TBS系)では「いい役者がなんなのかわかんないけど、いい役者になりたい。いい作品を残したい。いい人間になりたい」と語っていた池松。父親のきちんとしたしつけがあったからこそ、ひたむきさや真摯さを兼ね備えた人間に育ったのだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芦田愛菜、ボディの“S字ライン”クッキリ急成長に「もう大人のオンナ」大絶賛
2
橋本環奈“Dバスト”がきつくて苦しい!?自ら明かした「肌着事情」
3
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
羽田圭介、「バス旅」起用法の“異変”で現実味を帯びる田中要次の“卒業”